isuta

占い

今週の運勢 おとめ座の占い

HOROSCOPE



おとめ座

8/23~9/22| 占い師 : SUGAR

本能をしっとり温める

人間と動物の違い

今週のおとめ座は、人間に習う類人猿のごとし。すなわち、退化した人間の壊れた本能を取り戻していくような星回り。

ファーストフード店で人が食べ物を買ってそれぞれが勝手に食べている光景について、以前ゴリラの研究をしている霊長類学者の山極寿一さんは「人間はサルに退化している」とコメントしていました。

というのも、人間を他の生き物から区別してきた特徴のひとつが、エサをその場で食べずに、自分で食べる以上の物を仲間のもとに持ち帰って皆で一緒に食べることだったから。他の誰かと一緒にごはんを食べるという行為は、食欲の減退やリズムの狂いを防ぎ、個体が正常な状態から逸脱し、壊れてしまうのを事前に予防するための知恵であり、また他者への想像力や思いやりの基礎を育むという意味で、人間性の根幹を成すものなのだそうです。

確かに、独りで食べていると、おいしさとまずさの味だったり、汚さと綺麗さなどの落差やずれを楽しめないですし、そもそも気付けない可能性もある。早く食べることとか、無駄を減らすことなど、論理が一面的にしか構築されず、遊びがあったり、笑いが起きたりといった豊かなコンテクスト(文脈)がどうしても醸成されにくいんですね。

グループや集団で食卓を囲む行為は人間だけのものです。サルも、ゴリラやチンパンジーのような人間に近い類人猿もしませんが、人間も「個食」を続けていれば、そもそも人間らしくなくなってきてしまうという訳です。

9月22日のおとめ座から「温めるべき本能」を意味する2番目のてんびん座へと太陽が移っていく今週のあなたもまた、目で見ることの以外の味わうことや匂うこと、触れることで感じられるずれや無駄を楽しみ、それを誰かと共有していく習慣を改めて大切にしていきたいところです。

誰かと話し確かめたいという本能

人間は1日5万語も「ひとりごと」を無意識に発していると言われていますから、その停滞がいかにカオスな状況を作り出すか、なんとなくお分かりなるかと思います。

流れる言葉は氾濫し荒れ狂った川のようになり、あるいは海であれば船を転覆させる嵐の夜のような様相を呈すでしょう。一度そうなってしまった心を鎮めるには、瞑想するか、何か言葉を紡いでみるのが有効です。

言葉を選んで紡いでいると、グルグルはやがてクルクルとなり、ゆったりとした言葉の流れの中で、意味がまとまり始め、やがて落ち着くべき場所を得ていく。それが「片割れに向けて手を伸ばす」ということでもあるのです。

今週は、世間とは少し違うリズムで、自分なりの心の落ち着き先を探っていきましょう。

今週のキーワード

日常に豊かなコンテクストを醸成する

まーささんが占う恋愛の運勢(無料)はこちらから!

過去に占ったおとめ座の運勢一覧を見る
ニシイズミユカ

最新情報をLINEで受け取ろう!

友だち追加数
その他の星座の運勢