isuta

占い

今週の運勢 おとめ座の占い

HOROSCOPE



おとめ座

8/23~9/22| 占い師 : SUGAR

偶然に打たれて初めて必然となる

プランド・ハプンスタンス・セオリー

今週のおとめ座は、細菌学者パスツールの「幸運は準備のできている人だけに訪れる」という言葉のごとし。すなわち機会を拡大していくことにフォーカスしていくような星回り。

キャリアというのものは用意周到に計画できるものではなく、予期できない偶発的な出来事によって決定される。これはスタンフォード大学のジョン・クランボルツが成功者のキャリアを実証研究した末に導き出した結論であり、プランド・ハプンスタンス・セオリー=計画された偶然性理論と呼ばれるものです。

そして、そうしたキャリア形成につながる「いい偶然」を引き起こすために、クランボルツは「好奇心」「粘り強さ」「柔軟性」「楽観性」「リスクテイク」の5つの要件が鍵になってくると述べているのですが、中でも最も重要なのが「好奇心」と言われています。

なぜなら、自分の専門分野だけでなく、直接的には何の関係もなく、何の役にも立たなそうなものにまで関心を持ち、視野を広げていくことができるかが、「いい偶然」にポジティブかつ新鮮に“反応”できるかどうかを決定づけるから。

つまり、「幸運に対する準備」とは、分かりやすい理由もなく惹きつけられたものがあったらその場で流してしまうのではなく、きちんと反応し、さらには何かしら行動に移すところまで、自身を習慣付けしていくことにあるのです。

30日におとめ座から数えて「キャリア形成」を意味する10番目のふたご座で月蝕の満月を迎えていく今週のあなたにおいても、まさに偶然を機会に変えていくための好奇心が大いに問われていくことになるでしょう。

意識の交差点で揺れること

人は人生で何か困難にぶつかった時、しばしば占いをしてきました。例えば日本でも非常に古くから行われてきた夕占(ゆうけ)では、夕方に辻(十字路)などに立って、通りすがりの人々が話す言葉の内容を元に占っていました。

多くの人で行き交う夕暮れ時の橋や四つ辻というのは、ある種独特の風情がありますが、黄昏れという言葉が「誰そ彼(たそがれ=あれは誰だろう?)」に由来するように、昼の太陽のもとではくっきりと明確だった人々の輪郭が、夕闇の中ではすーっと曖昧に溶けていってしまい、それが意識のトランスを促し、古来より占いをするなら夕暮れ時とされてきたのです。

一度は溶けあった相手も、行き違い、異なる道を行く時もある一方で、一度は袂を分けた相手も、再びめぐり合い、互いに歩み寄ることになる時だってあるもの。

今週のおとめ座は、まさにそんな人生の“たそがれ”時を迎えていこうとしているのかも知れません。

今週のキーワード

「言霊の八十の巷に夕占問ふ占まさに告る妹は相寄らむ」柿本人麻呂

まーささんが占う恋愛の運勢(無料)はこちらから!

過去に占ったおとめ座の運勢一覧を見る
ニシイズミユカ

最新情報をLINEで受け取ろう!

友だち追加数
その他の星座の運勢