占い いて座 2017.5.22〜2017.5.28 の運勢

いて座 2017.5.22〜2017.5.28 の運勢

HOROSCOPE



いて座

11/23~12/21 | 占い師 : SUGAR

『切り札の使い方と動機付け 』

何気なく、惜しみなく

今週のいて座は、さながら『ドラゴンボール』で強敵を前に、最後の大技・元気玉を繰りだしていく悟空のごとし。すなわち、ここぞという時のために残しておいた最終手段や切り札を使っていくような星回り。 

世の中には、せっかくの切り札を持っていても、使いきれずにゲームを終えてしまう人達がいます。

それを見た人々は「宝の持ち腐れ」などの慣用句を連想しつつ、どうして使わなかったんだ!と声を荒げ、あるいはぬぐいがたい不可解さにやり場のない怒りを感じていく訳ですが、実際のところ、切り札をここぞというタイミングで使える人というのはほとんどいません。

ずっと温めてきた切り札がなくなってしまう心許なさとか、もったいないという感覚が、どうしても判断を曇らせ、決意を遅らせてしまうのです。

今週のあなたに言いたいことは、例えば、もうどこにも売っていないシールの最後の一枚を、サッと貼ってしまえる人間であれ、ということです。

勝負の勘どころ

ここで少し技の詳細に触れておくと、元気玉というのは、自然からエネルギーを少しずつ集めて球体を作り、それを投げつける技のことで、それを使う際には、二つだけ弱点というか、使う際の注事事項があります。

一つは、エネルギーを集めるのにそれなりに時間がかかり、その間は無防備になってしまうこと。そしてもう一つが、元気玉は善の気によって成立している技のため、心に怒りがあると発動できないし、そもそも気を集められないということ。

怒りの部分に関しては、妬みや嫉み、ルサンチマンや虚栄心などでも結果は同じでしょうね。この二つ目は結構大事なポイントです。敵を倒す=乗り越えるためには、怒りやコンプレックスというのは非常に便利なのですが、そういう動機では元気玉は使えないんです。

でもこれは案外、勝負の鉄則でもあったりします。あんまり勝とうとする人は、一時的には勝てても、最終的に負けが込んで、ドブに沈むもの。使う力が大きい場合、使う側の心も同じくらい大きくないと、使いきれないのでしょうね。

今週のキーワード

大技は使う側の理由が問われる

はましゃか