CULTURE 占い師SUGARさんが贈る、12星座の今週の運勢をチェック!(9月18日〜9月24日)

占い師SUGARさんが贈る、12星座の今週の運勢をチェック!(9月18日〜9月24日)

CULTURE

isuta編集部


毎週日曜日の夜更新のSUGARさんの占いが、ISUTAにて公開中!リズム感の良いコラムのような占いは、自分の運勢だけでなく、他の星座も読みたくなっちゃうかも?

今週も自分の星座の動きをチェック!

12星座・先週のおさらい

▽おひつじ座
先週の運勢のキーは、「余計な手は出さない」ことにありました。ある書物によれば麒麟は、聖獣であると記されています。そして聖獣であり百獣の王でもあるのですが、それはライオンの弱肉強食のような強さはありません。麒麟は直接手を出すような真似はせず、まっすぐに見守り、そして祈っている。手を出す以外の方法で、何かに自分の存在を預けることができるのが、麒麟の強さなのです。さて、今週の運勢は?

▽おうし座
先週の運勢のキーは、「立場を明確にする」ことにありました。例えばどんな船でも永遠に海の上を航行することはできません。そしてどこかに寄港する際には何かしらの旗をあげ、自分がどんな立場や勢力に帰属するのかを伝えていかなければならないのです。今のあなたには、生きていく上で何らかの“所属感”が必要不可欠となってきています。あなたはどんな旗をあげますか? さて、今週の運勢は?

▽ふたご座
先週の運勢のキーは、「好敵手を求め、確信を深める」ことにありました。アインシュタインが相対性理論を初めて問うた時、ボストンのオコーネル枢機卿という人が、アインシュタインの理論に対して警告を発しました。その後アインシュタインも反論の弁をエッセイで述べているのですが、彼らのどちらかが欠けていたら、お互いに深い探求はできなかったでしょう。この2人のように先週のふたご座も、同じ1つのことを追求しているライバルのような存在を求めていくべきでした。さて、今週の運勢は?

▽かに座
先週の運勢のキーは、「嫌われる覚悟を持つ」ことにありました。蜘蛛は、何もないところに巣を作っていく行為から、繁栄のシンボルとされています。ですが一方で、他の虫を罠にかけて食らうことから、強欲などの意味を表す象徴ともされてきました。蜘蛛の目的が創造と破壊のいずれかにせよ、巣作りは未来を見据えた行為なのです。結論から言ってしまえば、蜘蛛のように創造も強欲も、どちらだけとはいかないのです。さて、今週の運勢は?

▽しし座
先週の運勢のキーは、「弱みを晒して強くなる」ことにありました。免疫とは体の外から侵入してくる細菌を監視し、撃退する仕組みのこと。ですがそうした免疫が組まれ作用するまでには、一度ウイルスの侵入を許し、感染する必要があります。そのことを人間の心で考えると、自分をさらに強くしていくには、弱みや欠落を晒し、自覚していく必要があるということです。さて、今週の運勢は?

▽おとめ座
先週の運勢のキーは、「相手の影響を吸い取って変わる」ことにありました。かつて誰かが書いていましたが、男女であれヒトとモノであれ、その関係性の意義は一度向き合っただけでは分かりっこありません。それは数度の葛藤によって見えてくるもの。相手との間に必ずあるズレがなくなることで解消されたりした末に、自分のことも相手のことも見えてくることがあるのです。さて、今週の運勢は?

▽てんびん座
先週の運勢のキーは、「自分という存在を見つめる」ことにありました。私が私であることへの怯えや、自分が人間であることへの不快に、身に覚えがある人もいるでしょう。そんな怯えに突き動かされるようにして、思わず口を動かし走り去る。その戦慄やうめきこそが、どこで覚えたのでもない、本当の現実なのだと思います。先週はあなたという存在が出している“真実の音”について、見つめ直してほしかったのです。さて、今週の運勢は?

▽さそり座
先週の運勢のキーは、「何も持たない自分をあらわにする」ことにありました。ある思想家が、自分の自著の論旨をこう結んでいました。「現代を生きる私たちは、持つこと、すること、在ることの関係性について問い直さなければならないのではないか」と。例えば何もしていなくても、ただそこに在るだけでパワーを発揮するということもあるでしょう。逆に何か立派なものを所有していたから、動きの幅を狭め、自分という存在をつまらなくしているかもしれない。先週は先の3つについて、深く問うことが必要とされていました。さて、今週の運勢は?

▽いて座
先週の運勢のキーは、「敗者として自覚し、世界をもう一度見上げる」ことにありました。欧米人のように、相手の目を見て話すことが本来あるべき話し方だという考え方があります。でもそういったような風潮が馬鹿馬鹿しいと感じたことはありませんか? もちろんこの考え方を全面否定したい訳ではないのですが、先週のいて座に伝えたかったのは、そうした態度以外にも“あるべき姿”というものがあっていいだろう、ということ。いつも強者であるべきではなく、敗者でいても良いのです。さて、今週の運勢は?

▽やぎ座
先週の運勢のキーは、「夢ではなく欲を見つめる」ことにありました。「ホンダイノベーションの神髄」という本を書かれた小林三郎さんという方が、あるパネルディスカッションで「夢と欲は違う」という趣旨の話をされたそうです。夢とは個人の枠を超え、集合的なレベルで実現が望まれる光景であり、個人的な欲とは違うのです。別に欲は欲であってよく、むしろない方がおかしいのですが、自分の心の底にどんな欲が沈んで入るのか、夢という言葉で誤魔化さず見定めていきましょう。さて、今週の運勢は?

▽みずがめ座
先週の運勢のキーは、「変化を恐れずコミットする」ことにありました。例えば昔のインターネットは面白かった、と言う人がいますが、あれはコンテンツの面白さより技術が進化していく過程が面白かったり、環境の不便さを乗り越えて結びついていくことに、ある種の一体感があったゆえだろうと思います。いわゆる物事の創成期 特有の面白さです。先週のあなたもまた、同時代に積極的にコミットし、時代の子であるのだと実感していきましょう。さて、今週の運勢は?

▽うお座
先週の運勢のキーは、「必要な才能や経験をサルベージする」ことにありました。うお座の方に特に多いのですが、自分のことを無力だと思うことは全くの誤解です。厳密に言えばうお座は“無力の国”を作ることに圧倒的な才能があるのです。それは単に怠惰とは違い、自分という存在を何かに委ねるということであり、裏を返せば信仰心が強さの現れでもあります。先週はそうして何かに委ねてきた自分の才能や経験を引き上げて、再誕生を向ける時でした。さて、今週の運勢は?

ISUTA 12星座占い
https://isuta.jp/category/iphone/horoscope

関連記事