isuta

iPhoneの設定・使い方iPhoneのカメラで写真を綺麗に撮るには「AE/AFロック」の使い方と「露出」の調整がポイント♩

iPhoneのカメラで写真を綺麗に撮るには「AE/AFロック」の使い方と「露出」の調整がポイント♩

iPhoneの設定・使い方

2018/08/10
iphonegirlisuta編集部(スマホ)


iPhoneのカメラで写真を綺麗に撮るには「AE/AFロック」の使い方と「露出」の調整がポイント♩

この記事のINDEX

全国ではまだまだ花火大会が開催されるようですが、iPhoneで花火を綺麗に撮る乗って難しいって思ってませんか?

もちろん最新のiPhone Xは画質が良く、それだけで花火を綺麗に撮ることができるのですが、カメラの機能をうまく使うだけで、もっと綺麗な写真を撮ることができるんですよ♩

基本と言えば基本ですが、ひとつずつご紹介します。

AE/AFロックをかけておく

花火を撮る時、画面が明るくなったり暗くなったりと不安定だなと感じたことはないですか。

iPhoneでは周囲の明るさに応じて自動で露出を変更してくれるのですが、これが花火撮影の時には厄介なんです。

そういう時は「AE/AFロック」という露出固定をしておきましょう。

ロックのかけ方はかなり簡単で、画面を長押しするだけ。

この時、指を置いている位置で明るさが固定されてしまうのですが、ポイントは周囲にある“明るいもの”にフォーカスしている状態でロックをかけること!

これで花火が明るく打ち上がった時も、綺麗な状態で写真を撮ることができるんですよ♩

ロックをかけたら、次は露出を半分くらい下げましょう。そうすると、周囲が暗くなり、明るいもの(花火)が綺麗に写ってくれます。

AE/AFロックは、シャッターボタン以外の画面をタップすると解除されてしまうので、使う時はその点に注意してくださいね!

撮った写真はLightroomのアプリで綺麗に編集する

とは言え、iPhoneで綺麗に撮るのにも限界があるので、撮った写真はLightroomのアプリで綺麗に編集するのがおすすめ♩

編集する手持ち花火がこちら

今回は打ち上げ花火ではなく、手持ち花火を編集していきます。

花火の周りに煙の白いモヤが写っていたり、光自体もぼんやりしていて綺麗ではない印象…

かすみの除去&明瞭度をあげる

まず使うのは、かすみの除去という機能。スライダーを右に動かして、白いモヤを取り除きます。

モヤをある程度取り除いたら、次は明瞭度を調整します。スライダーを右に動かすと全体がはっきりするのですが、はっきりしすぎないように様子を見ながら調整するのがポイントです!

シャープをかけて彩度をあげる

次に、シャープを+90〜+100にあげてから、自然な彩度も+50ほどあげます。

こうすることで繊細な花火の様子と、鮮やかなカラーを再現できるんです♩

【おまけ編集】明暗をはっきりさせる白レベル/黒レベル

ここまでの編集でも十分綺麗に写るのですが、もう一段階綺麗な写真にしたい人は、「白レベル/黒レベル」を調整してみてもいいかもしれません。

撮り方と編集だけでこんなに綺麗な花火になる

ぜひ試してみてくださいね♩

【関連記事】

花火が綺麗に見える位置が分かる!「花火シュミレーター」は花火大会に行くなら欠かせないARアプリ♩
この写真、本当にスマホで撮ったの?光の軌道を映せるカメラアプリなら、夜景も花火も幻想的な写真に仕上がる♡
全て知ってた?アメトーーク!の「iPhone使いこなせてない芸人」で紹介された14つの使い方

関連記事