isuta

【iOS 11】コンロールセンターが超便利に!カスタマイズで“よく使う機能だけ”を集められる♩
isuta GIRL

【iOS 11】コンロールセンターが超便利に!カスタマイズで“よく使う機能だけ”を集められる♩

iPhone

みきしろ


この記事のINDEX

iOS 11の目玉機能としてβ版の頃から注目を浴びていたのが、コントロールセンターのカスタマイズ機能

正直なところ、これまでのコントロールセンターが使いにくいため、それほど期待してはいなかったのですが。

実際に使ってみると、これが想像以上に使いやすくて、日々のiPhone使用が超便利になりますよ♩

“よく使う機能”だけを1ページに集約

まずは、これまでのiOS 10.3でのコントロールセンターを見てみましょう。

スッキリしていると言えば聞こえは良いですが、使える機能はそれほど多くありませんでした。

何より不便なのが、コントロールセンターを表示させただけではミュージックのコントロールができず、さらにスワイプするという2アクションが必要だったのです。

これに対して、iOS 11のコントロールセンターはどうでしょうか。

まず、ミュージックのコントロールが表示されるようになり、これだけでかなり便利になっています。

さらに、ぱっと見ただけでもモバイル通信のオンオフやボリュームコントロール、電卓が増えていることがわかりますね。

その割りには、とくにごみごみすることもなく、全体的にスッキリしています。

そして、最大の特徴でもあるカスタマイズ機能。

これは、設定アプリの「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」から行います。

コントロールセンターに表示するアイテムを上部に加えましょう!

もちろん、順番を入れ替えることもできますよ。

組み込めるのはあらかじめ用意されたアイテムのみで、残念ながらサードパーティ製のアプリは対象外です。

個人的には、よく使う「タイマー」や「メモ」を追加することができて、逆に使わない「電卓」を削除できたりと、かなり満足できる内容になっています。

ちなみに、すべてのアイテムを表示すると、コントロールセンター自体をスクロールする必要があるので、あまり実用的ではありません(^_^ゞ

標準の4個、または1列増やして8個程度に抑えておくのがオススメですよ♩

3D Touchを使えばさらにスマートに

また、カスタマイズ機能だけでなく、3D Touch(画面を強く押す)機能によるメニューの2重構造にも注目です。

たとえば、電波関係の項目を強く押せば、インターネット共有(テザリング)などの項目にも簡単にアクセスできますし。

時間を指定してのタイマー設定や、ミュージックのアートワークを確認したりと、かゆいところに手が届くような親切設計

新しくなったコントロールセンターの使いやすさは、実際に体験してみないとなかなか理解できないかもしれません。

iOS 11にアップデートした方は、ぜひ早めに体験してみることをおすすめします♩

関連記事