isuta

無料アプリ持ってるものや欲しいものをかんたん管理♪ モノのデータベースアプリ「monoca(モノカ)」

持ってるものや欲しいものをかんたん管理♪ モノのデータベースアプリ「monoca(モノカ)」

無料アプリ

2017/02/18
kumiab海老名 久美


 「この本、持ってたっけ?」「この服、欲しいな」「冷蔵庫の卵の賞味期限っていつまでだっけ?」

自分が持ってるものや欲しいものについてこう思うことは、日常的によくあることです。そんなときにパッと確認できたり、忘れないように欲しいものリストに入れたりできたら、かなり便利ですし助かりますよね。

それを実現できるのが「monoca(モノカ)」です。簡単に言うと、「モノのデータベース」が作れるアプリなのです♪

初めてmonocaを起動したときから、「書籍」や「メディア」などのカテゴリが用意されているので、まずはそれをそのまま使うと簡単です(カテゴリを左にスワイプすると編集できます)!

画面右下にある「+」をタップすると、モノを追加できます。

登録したいものの名前を自分で入力することもできますが、カメラアイコンをタップすると写真を撮れるだけではなく、バーコードを読み取って自動的に情報を取得して登録したり、Amazonで検索して登録したりすることができます。

とくに、バーコードの読み取り機能は、超かんたんで便利!

本のバーコードを読み取ったところ、一瞬でAmazonのデータが取得されました。

購入日など、追加したい情報を入力したら、「追加」をタップすると、データベースにモノの情報が追加されます。

また、例えば「冷蔵庫の卵」などのように、常に買い置きしているものの在庫数を登録しておくのも便利です。使うたびに在庫数を減らしていけるのはもちろん、アラームを設定しておくと、在庫を切らさないように、忘れずに買い物しておくことができます♪

「設定」で、Googleドライブにログインしておくと、データベースをGoogleドライブにバックアップできます。大切なデータをなくさないためにも、バックアップしておきたいですね♪

無料版は、登録できるモノの数が100個までだったり、広告が表示されたりするので、もっと使いたい場合は有料のプレミアム版に登録する必要があります。

冷蔵庫の中身、日用品、蔵書、映画のコレクション、洋服、フィギュアなど、いろんなモノに使えますが、データベースですから、たくさんのモノが登録されていくほど、使い勝手が良くなります。

まずは、好きなものからコツコツ登録していくことをお勧めします☆

▼“管理 アプリ”に関する記事はこちら

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

関連記事