iPad AirDrop、使ってますか?設定方法と注意して欲しいこと

AirDrop、使ってますか?設定方法と注意して欲しいこと

iPad

ISUTA編集部(スマホ)


iOS 7の新機能「AirDrop(エアドロップ)」使っていますか?

AirDropを使うと無線で写真や連絡先を送れるらしい、ということまではご存じの方、多いと思います。でも、自分のデータがどこまで人に見られるのかよくわからないし、実際に使うには不安を感じる方も多いのでは?

そこで、AirDropについてまとめてみました。

  • Wi-Fi、Bluetoothで近くのiPhoneやiPad、MacBookなどにデータを送受信する機能です。
  • iOS 7を搭載したiPhone(5~)/iPod touch(第5世代)/iPad(4~)/iPad miniで使えます。
  • 送受信できるデータは連絡先や写真、ビデオ、書類、ウェブページなど多種多彩!
  • 赤外線ポートと違ってiPhone同士を近づけなくてもデータを送受信できます。
  • データは送信時に自動的に暗号化されます。

設定はとてもかんたんです。まず、画面下から上でスワイプしコントロールパネルを出したら[AirDrop]をタップします。

続いて、共有範囲を決めます。

  • [全員]を選ぶと、近くでAirDropを有効にしている相手とデータを交換できます。
  • [連絡先のみ]を選ぶと、連絡先に登録済みでかつ近くでAirDropを有効にしている相手とデータを交換できます。

※[連絡先のみ]を使いたい場合は、かならずiCloudをオンにしてください。

これでおわり。AirDropを有効にしているあいだは指定した範囲の相手とデータのやりとりができます。

04

 ただし、iPhone 4sなど、iPhone 5より前の機種ではiOS 7にアップデートしても使えません。ご注意ください。

 最後に、実際に使う上での注意点です。

  • バッテリーの消耗が激しい!
  • AirDropをオンにすると、自動的にWi-FiとBluetoothもオンになるが、AirDropをオフにしてもWi-FiとBluetoothはオンのまま。
  • 「全員」で設定すると、知らない人からデータが送られてくる可能性がある。

不要なデータを受信したら「辞退」して受け取らなければ問題ありませんが…。バッテリーのもちや気分的な安心を考えると、AirDropを使いたいときだけオンにして使うのがよさそうですね。
Bumpのかわりに使えそうですよね。とても便利なので、ぜひ使ってみてください!

▼こちらの記事も一緒にチェック


関連記事