isuta

FASHION“愛され系”と“おしゃれ系”どっちにする?トレンドのビタミンカラー「オレンジ」を使った「梅雨を乗り切るメイク」♡
isuta GIRL

“愛され系”と“おしゃれ系”どっちにする?トレンドのビタミンカラー「オレンジ」を使った「梅雨を乗り切るメイク」♡

FASHION

2018/06/25
machimachi


“愛され系”と“おしゃれ系”どっちにする?トレンドのビタミンカラー「オレンジ」を使った「梅雨を乗り切るメイク」♡

illustration / material_2014

この記事のINDEX

梅雨時になり、湿度の高い日々が続きますね。

こういう、なんだか気分も晴れない時こそメイクの出番です!

女の子にとってメイクやファッションはいちばんの気分転換。さらにそれが今トレンドのビタミンカラーであるオレンジなら、より気分も明るく晴れやかになるのでは?

ということで、今回はオレンジを使い尽くすメイクをご紹介です♡

オレンジも気分で使い分け

オレンジと言っても、ピンクっぽいコーラル系や、ファンキーな雰囲気のイエローっぽいオレンジや、鮮やかなオレンジの実のような色までたくさんありますよね。

オレンジはほかの色との組み合わせもしやすい色なので、組み合わせ次第によっても、印象は大きく変わります。

そこで今回は、2つのパターンとして「旬のオールオレンジメイク」と「愛され系オレンジメイク」をご提案♡

旬のオールオレンジメイク How To

オレンジアイテムを楽しみ尽くすのにもってこいの“オールオレンジメイク”。ポイントは肌のベース作りです。

オレンジはそもそも、肌にとっても馴染みのいい色なので、発色を良くするために、肌の黄色味を消すブルーやパープルのコントロールカラーを仕込んであげると効果的!

illustration / material_2014

そして、オレンジのアイメイクを活かすために、アイラインやマスカラはブラウンがおすすめです♩

チークは、もちろんオレンジ。オレンジチーク持ってない方は、オレンジっぽい口紅を持っていたら代用できますよ。

この口紅の色ですが、朱色っぽいオレンジで、目元や頬より一段濃い色だとお顔全体も引き締まります。濃い色、という意味ではブラウンっぽいオレンジでもおしゃれ感が出て素敵です♡

オレンジアイテムは控えめにメイクすると薄化粧になってしまうので、ここは思い切って発色の良いアイテムで楽しんでください!

愛され系オレンジメイク How To

illustration / material_2014

愛され系オレンジメイクは、さっきのオールオレンジメイクのアイメイクに、ラズベリーのようなピンクや赤のカラーアイラインをプラスして、甘くします♡

そして、チークはコーラル系でふんわり丸く。柔らかさとピュアさを出すために、パウダータイプのチークにするのがおすすめですよ。

目元を主役にしたいので、リップもコーラル系のオレンジを使います。うるうる感が欲しいのでグロスを重ねるのもかわいい♡

重ねるグロスはピンク系だとより甘く、今流行のイエローだとナチュラルに仕上がるので、お好みで選んでくださいね!

オレンジパワーでじめじめの梅雨を乗り切る

illustration / material_2014

オレンジはブルーやグリーンなど対極にある色とも相性が良く、メイクで合わせると一気に夏気分になるので、元気を出したい時にはおすすめです♡

あと少しで、わくわくする夏がやってきます。それまでオレンジパワーで乗り切りましょう!

【関連記事】

大事にしたいのは“隙あり感”。人気のレトロモダン柄に合わせるメイクHow To♡
UV対策でいちばん大切なのは“こまめな塗り直し”。日差しに負けない肌メイクのポイントは3つ♡
テカリ肌、乾燥肌別。これからの季節に知っておきたい、最適なメイク直しの方法おしえます♡

関連記事