isuta

ガジェット古いiPhoneでもワイヤレス充電ができる。Qiレシーバーを使ってiPhone 5とiPhone 7をワイヤレス充電してみた!

古いiPhoneでもワイヤレス充電ができる。Qiレシーバーを使ってiPhone 5とiPhone 7をワイヤレス充電してみた!

ガジェット

2018/03/03
mikishiroみきしろ


古いiPhoneでもワイヤレス充電ができる。Qiレシーバーを使ってiPhone 5とiPhone 7をワイヤレス充電してみた!

この記事のINDEX

iPhone X/8/8 Plusの登場以来、急速な普及を見せているワイヤレス充電。

これまでにもワイヤレス充電関連のガジェットはいろいろと紹介してきましたが、「私が使っているのはiPhone 7だし、関係ないよ」と思っている方はいませんか?

かく言う私もiPhone 7 Plusユーザーなんですが、じつはちょっとしたアイテムを使うだけで、古いiPhoneもワイヤレス充電に対応させることができるんです。

今回は、Qiレシーバーと呼ばれるアイテムを使って、実際に手持ちのiPhoneでのワイヤレス充電にチャレンジしてみました!

『Qiレシーバー』でiPhoneのワイヤレス充電を可能に

ワイヤレス充電を行うためには、ワイヤレス充電マットに加えて、ワイヤレス充電に対応したiPhoneなどの機器が必要。

ですが、iPhone 7以前のモデルはワイヤレス充電に対応していないので、そのための機能を後から外付けで追加する必要があります

それが、今回使用するQiレシーバーと呼ばれるアイテムになります。

写真の左がワイヤレス充電マット、右側がQiレシーバーのパッケージですね♪

パッケージから取り出したQiレシーバー。

横から見ると、厚さは1mmもないほど。まさに極薄ですね!

同じく極薄のケーブルの先がLightningコネクタになっているので、これをLightningポートに差し込んで……。

そのままケーブルを折り曲げてQiレシーバーをiPhoneの背面へと持ってきます。

両面テープで留めることも出来なくはないですが、基本的には、このQiレシーバーはケースの中に入れて使うことを想定しています。

サイズ的には、ちょうどiPhone 7 Plusの中央部分がワイヤレス充電のレシーバーになるような感じですね♪

透明なケースでの利用は見た目が悪いので(笑)、外からQiレシーバーが見えないようなケースがおすすめですよ!

ポリカとTPUのケースではワイヤレス充電ができた!

では、Qiレシーバーを取り付けたiPhoneを実際にワイヤレス充電マットに置いてみましょう。

レシーバー部分がしっかりと充電マットの真上に来るようにセットすれば……。

何の問題もなく、ワイヤレス充電が始まりました! なるほど、これは確かに便利ですね♪

なお、こちらのケースの素材はポリカ(ポリカーボネート)。いわゆるハードケースとして一般的な素材です。

次は、iPhone 5にTPU素材のソフトケースを取り付けて、その中にQiレシーバーをセットしてみます。

見た目ではわかりにくいのですが、手に取るとレシーバー部分が少し盛りあがっているのを感じます。どうしても気になる方は、ハードケースを使うのがいいかもしれません。

そして、TPU素材のケースでもワイヤレス充電は問題なくできました!

個人的には、すっかりバッテリーのへたったiPhone 5がワイヤレス充電に対応したことで、ものすごく便利になった感じがします♡

ワイヤレス充電ができないケースもある

ポリカやTPUのケースでは問題なくワイヤレス充電が行えましたが、ケースの厚さや素材によってはワイヤレス充電ができないこともあるので、注意が必要です。

たとえば革製の手帳型ケースでは、反応したりしなかったりで、基本的には充電ができませんでした。

iPhoneをカメラ化するようなケースでもダメ。台を使って密着させてみても、ケースが厚すぎるため充電できないようでした。

また、アルミ製のケースや金属製スマホリングに遮られる場合も、ワイヤレス充電はできなくなります

Lightningポートは使えなくなるので注意

古いiPhoneを手軽にワイヤレス充電に対応させられるQiレシーバーですが、もちろんメリットだけでなくデメリットもあります。

デメリットのひとつめは、常時Lightningポートを塞いでしまうという問題。

ワイヤレスが普及しているとはいえ、まだまだiPhoneを有線接続するシーンは多くあります。

iPhoneをナビとして使う方などは、Qiレシーバーによるワイヤレス化はあまり向いていないかもしれませんね。

もうひとつのデメリットとして、ケースを付ける必要があるという点。

常にケースを使う方なら気にならないかと思いますが、iPhoneを裸で使いながらワイヤレス充電をしたい場合は、QiレシーバーではなくiPhone X/8への乗り換えをおすすめします。

ワイヤレス充電セットは、わずか1500円

今回のワイヤレス充電へのチャレンジは、成功と言っていいでしょう!

ちなみに、かかったコストは、『Sharllen 極薄 Qi ワイヤレス 充電レシーバー』が880円、『RoiCiel Qi ワイヤレス充電器』が599円(いずれも購入時価格)と、あわせて1500円以下で実現できちゃいました♡

誰でも手軽に行えるので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Sharllen 極薄 Qi ワイヤレス 充電レシーバー / Amazon
http://amzn.to/2HSRTAC

RoiCiel Qi ワイヤレス充電器 / Amazon
http://amzn.to/2BTLh4k

【関連記事】

iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時充電できる格安ワイヤレス充電マット『Plux』がクラウドファンディングで大人気!
自然なぬくもりがインテリアとしても素敵♪ イタリア製の本革を使ったワイヤレス充電パッドがiPhone X/8のお供にぴったり!
新型iPhoneは全モデルがワイヤレス充電に対応!有線での高速充電も可能

関連記事