isuta

iPhoneの設定・使い方【iOS 11】コントロールセンターを使ったインターネット共有(テザリング)のオンオフ操作がわかりにくいので注意!

【iOS 11】コントロールセンターを使ったインターネット共有(テザリング)のオンオフ操作がわかりにくいので注意!

iPhoneの設定・使い方

2017/11/25
mikishiroみきしろ


【iOS 11】コントロールセンターを使ったインターネット共有(テザリング)のオンオフ操作がわかりにくいので注意!

この記事のINDEX

iOS 11では、コントロールセンターでWi-FiとBluetoothをオフにすることができず、多くのユーザーから不満の声が続出していますが。

先日、インターネット共有(テザリング)を使ったところ、こちらも同様あるいはそれ以上にわかりにくい仕様になっていました。

注意点をまとめたので、iPhoneでのテザリングを使い機会のある方は参考にしてくださいね♪

インターネット共有「オン」はコントロールセンターから可能

インターネット共有を含むネットワーク関連の操作をコントロールセンターから行うには、左上のボックス部分を3Dタッチで強く押し込みます。

すると、Wi-FiやBluetoothと並んでインターネット共有のボタンがあるので、こちらをタップ。

これだけでインターネット共有がオンになり、ノートパソコンなどから接続できるようになります。

わざわざ設定アプリを開かなくても済むので、これはなかなか便利ですね♪

コントロールセンターから「オフにする」操作はできない

オンにするだけならば便利なコントロールセンターですが。

Wi-FiやBluetoothと同じく、なぜかコントロールセンターからはオフにすることはできません

まず、普通に考えればインターネット共有ボタンをタップすることでオフにできそうですが、なぜか反応するときとしないときがあります。

そこで、Wi-Fiボタンをタップしてオンにすることでもインターネット共有を解除できるので、この方法を試してみると……。

インターネット共有のステータスが「検出不可能」に切り替わりました。

なお、インターネット共有ボタンが反応したときでも、同じように検出不可能に切り替わるだけです。

イヤな予感がして設定アプリを開いてみると、案の定インターネット共有そのものはオンになったまま

正直なところ、Wi-FiとBluetooth以上に意味がわからないですね(^_^ゞ

オンにしたはずのWi-Fiがいつの間にか未接続に戻されるので注意!

さらに厄介なのが、インターネット共有自体がオンだと、いつの間にか再び検出可能な状態に戻ってしまう場合があるという点。

これは明示的な操作でWi-Fiをオンにして、インターネット共有を解除した場合にも発生します。

このワケのわからない状態を防ぐためには、設定アプリを開いてインターネット共有をしっかりとオフにするしかありません。

Appleがどういう意図でこのような仕様にしたのかは不明ですが。

とりあえずユーザーとしては、インターネット共有をオンにするだけならばコントロールセンターから簡単に行えるが、オフにするときは設定アプリを開いて行う必要がある、と覚えておきましょう!

(☆)この記事についているタグで検索する
#iOS 11#コントロールセンター#テザリング#Wi-Fi

【関連記事】

【iOS 11】実は引き続きNight Shiftモードをコントロールセンターで設定できる♩
AirDropが送れない? 設定アプリもしくはコントロールセンターから設定変更をしよう!

関連記事