isuta

【iOS 11】 Assistive Touchに4つの新機能が登場!【緊急SOS・簡易アクセス・再起動・画面の読み上げ】

【iOS 11】 Assistive Touchに4つの新機能が登場!【緊急SOS・簡易アクセス・再起動・画面の読み上げ】

iPhoneの設定・使い方

大澤藍


この記事のINDEX
画像元/Apple

画像元/Apple

iPhone画面上に置ける仮想ホームボタン『Assistive touch(アシスティブ タッチ)』。

ホームボタンの代わりに使えたり、ワンタップでスクリーンショットが出来たり…

カスタマイズ次第でとっても便利になる機能です。

今回はiOS 11からAssistive touchに追加された新機能をご紹介します♪

Assistive touchの設定方法

この機能を使ったことがない方のために設定方法をご説明します♪

まずは『設定』から『一般』に入り、『アクセシビリティ』を選択します。

その中から、『AssistiveTouch』を選択し、機能をONにしましょう。

『最上位メニューをカスタマイズ…』から使用したい機能を追加することができますよ♪

iOS 10での機能

iOS 10ではこのような機能があります。

  • ホームに戻る
  • 通知センターの呼び出し
  • デバイス
  • Siri
  • コントロールセンターの呼び出し
  • 画面ロックのON/OFF
  • 画面を回転
  • 音量を上げる/下げる
  • 消音のON/OFF
  • ジェスチャ
  • トリプルクリック
  • シェイク
  • マルチタスク
  • スクリーンショット
  • 画面の向きをロック
  • ピンチイン/アウト
  • 3D Touch
  • ダブルタップ
  • 解析
  • カスタム

この中から最大で8つの機能を『最上位メニュー』に追加することができます。

また、これらの機能はiOS 11にアップデート後も変わりなく使用できますよ

iOS 11から追加された機能

iOS 11では、この4つの機能が追加されました!

SOS

『緊急SOS』機能を起動することができます。

通常はサイドボタンを5回プッシュ(iPhone 8/8 Plusのみサイドボタンと音量ボタンを長押し)すると起動します。

簡易アクセス

画面上部が下がり、親指が届くようになる機能です。

通常はホームボタン2回タップで使用できます。

再起動

iPhoneの再起動ができます。

通常はホームボタンと電源ボタンの長押しで起動します。

画面の読み上げ

画面に表示されている文字を音声で読み上げてくれます。

通常は画面の上部から二本指でスワイプすると使用できます。

Assistive Touchボタンの透過機能も追加!

今まではAssistive Touchボタンを透過することができず、ボタンの後ろにある画面が見づらいというストレスがありました。

iOS 11からはこの問題が解消され『待機状態時の不透明度』から調整することができるんです♪

存在感が薄くなり、ボタンが邪魔で置きたくなかった方にもオススメです♡

使ってみるととっても便利な『Assistive Touch』で、みなさんも自分に合うカスタマイズを見つけてみてくださいね♪

【Assistive Touchの使い方♩】

iPhone 7/7 PlusではAssistiveTouchが欠かせない。オススメのカスタマイズ3選と必須設定!
【iOS 9】もっと便利に。『AssistiveTouch』のメニューがカスタム出来る☆
片手でスクリーンショットを撮りたかったらAssistiveTouchを使ってみよう!

関連記事