isuta

【iOS 11】AirDropが送れない? 設定アプリもしくはコントロールセンターから設定変更をしよう!

【iOS 11】AirDropが送れない? 設定アプリもしくはコントロールセンターから設定変更をしよう!

iPhoneの設定・使い方

isuta編集部(スマホ)


この記事のINDEX

正直iOS 11の提供が開始しアップデートしてからというもの、不都合が絶えません。

特にBlutoothやWi-Fiのオン・オフがコントロールセンターから出来なくなり、設定アプリを開かなければいけないのはとても手間ですね。

そんな中、AirDropにも不都合というか、設定に関する変更があったのでご紹介します!

AirDropが送れない

ほぼ毎日のようにAirDropを使用するので、iOS 11にアップデートした後も普通に使おうとしたら、一向に送り先が出てこないし、受け取り先としても表示されない。

AirDropの機能はオンになっているのになんで…? と思っていたら、どうやら設定に変更があった模様。

自動? 「連絡先のみ」設定

設定アプリを開いてみたところ、新たに[AirDrop]というメニューがありました。

iOS 10の設定アプリではこのAirDropのメニューは確認出来なかったので、iOS 11より追加されているものでしょう。

今までと変わらずコントロールセンターからでも、[受信しない][連絡先のみ][全ての人]を切り替えることが出来ますが、これからは設定アプリからも変更が出来るようになったんです!

このAirDropのメニューをタップしてみると、案の定、設定が[連絡先のみ]になっていました。

この設定を[すべての人]に切り替えたところ、以前の通り問題なくAirDropが出来るようになりました♩

コントロールセンターから設定変更する

先ほど「コントロールセンターからも設定の切り替えが出来る」と書いたので、コントロールセンターからの設定変更の方法もご紹介します。

画面下から上に向かってスワイプする

コントロールセンターの呼び出し方は、iOS 11でも変わりありません。

iPhoneの画面の下の方から、上に向かってスワイプし、コントロールセンターを呼び出しましょう。

ネットワーク関連メニューを開く

そうしたら左上にある“ネットワーク関連”のメニューを3D Touchを使い、開きます。

ここでは、

  • 機内モードのオン・オフ
  • モバイルデータ通信のオン・オフ
  • Wi-Fi接続の確認
  • Blutoothのオン・オフ確認
  • AirDropの確認
  • インターネット共有のオン・オフ

この6つの機能の設定変更や確認を行うことができます。

AirDropをタップして設定変更

この画面では、AirDropのオン・オフの切り替え程度しか出来ないのかと思いきや、実は設定の変更が行えるんです!

なのでAirDropが使えない! と思ったら設定アプリから見直すのもいいですが、コントロールセンターを使ってショートカットしてもいいかもしれません。

AirDropが使えなくて困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね♩

【関連記事】

AirDrop(エアドロップ)、使ってますか?設定方法と注意して欲しいこと
iOS 11でのバッテリー消費が早い!OSアップデート後は必ずiPhoneの設定を見直して。

関連記事