ユーティリティ 「Workflow」でウィジェットからワンタップで音声入力できるようにしておくとラク♪

「Workflow」でウィジェットからワンタップで音声入力できるようにしておくとラク♪

ユーティリティ

海老名 久美


先日、「メモアプリ「Drafts」のクイックディクテーション(音声入力)機能がかなり便利♪」で、iOS 10からサードパーティ製アプリで使えるようになったディクテーション機能について紹介しました。

「Drafts」自体、とても便利なアプリなので、持っているといろいろなアプリと連携して使えて便利なのですが、ディクテーション機能に限って言うと、「「Workflow」のギャラリーデザインが一新され、やりたいことが見つけやすくなってる♪」で紹介した万能アプリ「Workflow」を持っていれば、ディクテーション機能を使うことができるのです!

今回は、そのWorkflowでディクテーション機能を使えるようにする手順を紹介します。

ギャラリーから「Capture Note」ワークフローをダウンロードする

もちろん、自分でこのワークフローを作ってもいいのですが、すでにギャラリーにあるので、それをダウンロードする方が簡単です。

ギャラリーで、「Capture Note」(キャプチャーノート)と英語で検索すると、すぐに見つかります。「Get Workflow」をタップすると、自分のWorkflowアプリ内にワークフローがダウンロードされます。

このワークフローを見ると分かりますが、「Dictate Text」というパーツと、「Create Note」という2つのパーツでできています。

つまり、テキストのディクテーション機能(音声入力)を使った後、「メモ」アプリにその内容を保存するという流れになります。

音声入力を行い「メモ」アプリに保存する

ワークフローは、ウィジェットからも使えますし、

3D Touchで表示されるメニューからも使えます。

「Capture Note」ワークフローを実行すると、即座に音声入力モードになるので、記録したいことを話します。

話し終わったら、クルクル回転しているレインボーのボタンをタップします。

話したことが、メモ内にテキスト変換されるので、「保存」をタップします。

これで、ワークフローが完了して、テキストがメモとして保存されました。

Workflow-Dictate_6

Draftsのクイックディクテーション機能と、このワークフローのどちらが便利かは、人によって違うと思いますが、保存先をどこにしたいかによって使い分けることもできます。

また、このワークフローを複製して、日本語の音声入力用ワークフロー以外に、その他の言語別にワークフローを作っておくと、多言語で仕事をしている人などに便利です。

いずれにしても、ワンタップでできる音声入力は慣れると本当に便利なので、ぜひチャレンジしてみてください☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆


関連記事