ソーシャルネットワーキング メモアプリ「Drafts」のクイックディクテーション(音声入力)機能がかなり便利♪

メモアプリ「Drafts」のクイックディクテーション(音声入力)機能がかなり便利♪

ソーシャルネットワーキング

海老名 久美


テキスト入力のハブ(中心)として使える高機能なメモアプリ「Drafts」のことは、以前、「処理自動化アクションが超便利な高機能メモアプリ「Drafts」、3周年で4月10日まで30%オフ!(注:現在はセールをしていません)」でご紹介しましたが、実は、iOS 10に対応した「Drafts」では、覚えておくととっても便利なウィジェット機能が追加されているのです!

それが、「Quick dictation(クイックディクテーション)」機能です♪

素早く音声入力ができる機能のことなのですが、使い方は、Draftsのウィジェットに表示されているマイクのアイコンをタップするだけ!

すぐに、クイックディクテーションモードになるので、テキストにしたい内容をしゃべります。

話し終わったら、「Create」をタップすると、話した内容が一瞬でテキスト化されます!

ウィジェットからマイクをタップするだけなので、Draftsを起動する手間も、音声入力モードにキーボードで切り替える手間も必要ありません!

片手しか空いていないけれど、思い付いたことを残しておきたいときに、とても重宝するのです。

この「ウィジェットからディクテーションモードを起動する」機能は、iOS 10から導入されたもので、まだ採用しているアプリは多くありません。Draftsはそのうちのひとつというわけですが、Drafts自体がとても高機能なメモアプリなので、動作が軽く、テキストをいろいろ加工できるメモアプリを探している人にはお勧めです。

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆


関連記事