isuta

iPhoneの設定・使い方ロック画面をTouch IDで解除する際にSiriが誤起動するのを防ぐ方法

ロック画面をTouch IDで解除する際にSiriが誤起動するのを防ぐ方法

iPhoneの設定・使い方

2015/12/02
mikishiroみきしろ


この記事のINDEX

こんにちは、みきしろです。
最近、iPhone 6 Plusを保護フィルムなしで使うようになったのですが、どうもそのあたりから別の問題に悩まされるようになってしまいました。

【関連記事】滑らかな指滑りに感激!プロ仕様のガラス繊維系コーティング剤を試してみたよ♪

ロック画面で意図せずにSiriが起動してしまう!

その問題とは、ロック画面でSiriが起動してしまうこと。

私の場合、いったんホームボタンを軽く押してスリープ状態から復帰させ、そのままホームボタンに触っていることでTouch IDが動作するようにしているんですが……。

この際にホームボタンを長押ししたと判別され、それによって意図せずにSiriが起動してしまうようになったんです。

そのたびにSiriさんにお帰りいただく(終了する)わけで、これがかなり面倒なんですよね(^_^ゞ

ロック画面でSiriを無効にしよう

じつのところ、私はロック画面の状態でSiriを使うことはまずありません
つまり、別にロック解除してからホームボタン長押しでもまったく問題ないんです。

そこで、今回ご紹介する方法で、ロック画面でSiriを無効にしてみました。

方法はいたって簡単で、[設定]→[Touch IDとパスコード]を開くと、「ロック中にアクセスを許可」という項目があります。

この中の「Siri」をオフにすれば、それだけでロック画面でホームボタンを長押ししてもSiriが起動しないようになりますよ(^_^)

注意してほしいのは、[設定]→[一般]→[Siri]で「Siri」をオフにしてはいけないということ。

ここをオフにしてしまうと、ロック画面であるかどうかに関わらず、すべてのシーンにおいてSiri自体が無効になってしまいます。

ロック画面で無効にするだけならば、あくまでロック中のアクセス許可だけをオフにするようにしましょう。

関連記事