isuta

CULTURE「チームラボボーダレス」が約100日ぶりに営業再開!この時期にしか見られない作品が続々登場中です♡

「チームラボボーダレス」が約100日ぶりに営業再開!この時期にしか見られない作品が続々登場中です♡

CULTURE

2020/07/01
manami.abemanami


「チームラボボーダレス」が約100日ぶりに営業再開!この時期にしか見られない作品が続々登場中です♡

この記事のINDEX

2月29日より臨時休館していた東京・お台場の「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」が、6月8日より営業を再開。

新型コロナウイルス対策も徹底されており、安心して楽しめるようになっています。

いつもは数時間待ちになる人気作品も、今ならゆっくりと鑑賞できますよ♡

事前予約制の日時指定電子チケットに

チームラボボーダレスは緊急事態宣言の解除と休業要請の解除を受けて、6月8日(月)より日時指定予約制にて再開されました。

以前は当日券も購入できましたが、新型コロナウイルスの感染予防および感染拡大防止のため、現在は完全予約制&日時指定のチケットに切り替わっているのでご注意を!

美術館入り口でチケット購入ができないため、お出かけ前にチケットを予約して、その時間に合わせて訪問しましょう。

平日は比較的余裕があるようですが、土日は売り切れになる日もあるんだとか。余裕をもって予約しておくとよさそうです◎

感染対策も実施

入場時のアルコール消毒、サーモカメラによる入館前の体温測定などを行っています。

また事前予約制によって待ち時間なくスムーズに入館できるようになり、館内の人数も制限できるようになっていますよ。

チームラボボーダレスの特徴

チームラボボーダレスのコンセプトは、「境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」。

ボーダレスという名前の通り、それぞれの作品のあいだには境界線がなく、部屋を超えて飛び出したり他の作品と混ざり合ったりしている様子を見ることができます。

館内には地図も順路の案内もないため「次はどんな展示があるんだろう?」「さっき見たあの作品がこっちにも!」と、ワクワクしながら進んでみましょう♩

普段なら多くの人でにぎわうチームラボボーダレスですが、人数制限されている今はゆっくりと作品を楽しむチャンス。

空間に現れる作品はその時々によって変わるので、何回訪れても違う印象を受ける人が多いそうです。なかには6時間ほど滞在して思う存分鑑賞する人もいるんだとか!

触れることで花が咲いたり作品に新たな変化が生まれたりなど、自分自身がアートになる体験ができちゃいますよ♡

日本で初公開の展示にも注目

日本では初公開となる「増殖する無量の生命」もお目見え。

こちらは花の誕生から死滅までを繰り返し描き続ける作品で、タイミングが合えば、6月は牡丹、燕子花、藤の花を見ることができますよ♩

コンピュータプログラムによってリアルタイムで映像が描かれ続けているため、二度と同じ光景を見ることはできないんだとか。

おなじみの作品で季節限定演出も

チームラボボーダレスの代名詞ともいえる「呼応するランプの森」には、夏限定の「呼応するランプの森 – ワンストローク、紫陽花」が登場しています。

紫陽花(あじさい)をイメージしたカラーになっており、華やかな空間に入り込むことができますよ♩

1年を通して四季を映し出す「地形の記憶」では、今の季節に合わせて稲穂が光り輝く様子が映し出されています。

ゆらゆらと揺れる稲穂にうっとりしていたら、突然大粒の雨が降ってくる…なんていう演出も。

没入感を味わってみて♡

スタッフの方によると、久しぶりに外出してチームラボボーダレスを訪れた人の多くから、「癒されました」という感想を聞くそうです。

ゆったりとした光の動きやリラックスする音楽、自然を感じるアートの数々に、うっとりしてしまうこと間違いなし。

チームラボ公式アプリを使えば、参加できる作品があったり目の前の作品解説がじっくり読めたりと、より体験が深まりますよ♡

作品の写真は見たことがあるという人も、一度行ってみると驚くべき体験ができるはず。チームラボボーダレスのアートを、五感で体験してみませんか?

名称: 森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
場所: 東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
料金: 大人(高校生以上)3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(中学生以下)1,000円
開館時間: 全日 11:00 - 19:00(当面の間は開館時間を短縮し、11:00から開館)
※最終入館は閉館の1時間前
休館日: 第2・第4火曜日 ※7月は14日と28日が休館日
※尚、政府の方針等の状況により急遽、休館となる場合があります。
公式サイト
https://borderless.teamlab.art/jp/

teamLab
Exhibition view, MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless, June 2018 - permanent, Tokyo
© teamLab

【関連記事】

巨大な没入空間へ…。東京・豊洲の水に入るミュージアム「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」が営業再開
アート作品が好きな人におすすめ!世界中のアーティストを120円から気軽に応援できるアプリ 「ArtSticker」
アプリを使うと没入感がさらに高まる!チームラボプラネッツが2倍刺激的になる楽しみ方って知ってる?♡

関連記事