isuta

【宮城・山形・青森】冬を満喫出来る東北旅行で訪れたい3つのおすすめスポット♡
isuta GIRL

【宮城・山形・青森】冬を満喫出来る東北旅行で訪れたい3つのおすすめスポット♡

TRAVEL

Reina


【宮城・山形・青森】冬を満喫出来る東北旅行で訪れたい3つのおすすめスポット♡

この記事のINDEX

こんにちは。Reinaです。東京も完全に冬になりましたね。

こうも寒いとどこにも行く気が起きないものですが、旅行に行くとなるともっと寒い地域に行くことになる人が多いのも事実。

ということで今回は雪景色が見たい! 冬ならではの思い出が作りたい! という人におすすめの、冬に訪れたい東北スポットを3つご紹介いたします!

紹介する東北のおすすめスポット

①蔵王キツネ村(宮城)

②蔵王の樹氷(山形)

③十和田湖冬物語(青森)

①蔵王キツネ村/宮城県

仙台から南へ約50キロ、宮城県南部の白石市に「キツネ村」はあります。

名前の通りキツネがいる村なのですが、 ここにはなんと約100匹ものキツネが放し飼いになっているんです!

日本でこんなにたくさんのキツネに触れられるなんて、驚きですよね。

また、ここのキツネ村は1年中訪れることが出来るのですが、 もふもふした状態のかわいいキツネに会えるのは、1年の中でも冬だけ♡(冬以外の季節はスマートなキツネたちのようです)

入場すると、たくさんのかわいいキツネたちがお出迎え!

人懐っこく、横にくっついてきたり、施設内の「ふれあいコーナー」に行けば、キツネを抱っこして一緒に写真を撮ることも。 たくさんのキツネたちに囲まれて癒されて下さいね♡

蔵王キツネ村(http://zao-fox-village.com/
宮城減白石市福岡八宮字川原子11-3

<アクセス>

車の場合:東京から約5時間、仙台から車で1時間

公共機関の場合:在来線白石駅より

営業時間::9時〜17時(冬季は16時まで)/水曜日休業 入場料::1000円 (小学生以下は無料)

②蔵王の樹氷/山形県

宮城県と山形県の間にある「蔵王」は、スキー場としても有名ですよね。

夏も観光地として有名な「蔵王のお釜」を見ることができるのですが、 冬には樹氷の神秘的な輝きを見ることができます!

山形県の兜駅(かぶとえき)からロープウェイに乗って、素晴らしい雪景色とご対面♡

また夜のライトアップされた樹氷もとても綺麗。

一瞬寒さを忘れてしまうほどの美しさですが、やはり防寒対策はしっかりしていきましょう。

蔵王ロープウェイ(http://zaoropeway.co.jp/zao/winter/
山形県山形市蔵王温泉229

 

<アクセス>

 

JR山形駅からバスで45分で蔵王温泉へ。蔵王山麓駅からロープウェイで樹氷高山駅へ

料金:ロープウェイの料金往復2600円

ライトアップ開催日時:12月23日〜3月4日まで(2017-2018年度)

 

※2月は毎日ライトアップを開催してますが、他の月は土日祝日のみですので、 念のためホームページでチェックして下さい。

③十和田湖冬物語/青森県

青森と秋田の県境にある十和田湖では毎年2月に「十和田湖冬物語」というお祭りが開かれるのですが、ここでは“かまくらBAR”を体験することができます!

かまくらBARとはその名の通り、かまくらの中にあるBARのこと。中のカウンターも全て雪でできていて、ホットワインなど色々なお酒が楽しめます♡

毎日午後8時には花火が打ち上がります

これが周りのライトアップとも合わさって、とても幻想的。降り積もる雪と、珍しい冬の花火を楽しんでください!

そのほかに、青森の郷土料理や名物などが食べれられる屋台も出ています。

冬のお祭りも、とても素敵ですよね♡

十和田冬湖物語(http://towadako.or.jp/event/post1393/ 
青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486

<アクセス>

東北道小坂ICから車で45分35Km

十和田南駅からタクシーで50分

開催日:2018年2月2日~2018年2月25日

開催時間:17:00~21:00 入場料:無料

 

寒さだけじゃない冬を体験できる東北へ♡

冬は寒くて外に出るのが億劫になりがちですが、 冬だからこそ楽しめる魅力が東北にはたくさん!

暖かい部屋で落ち着く冬もいいですが、 冬の旅行もとても良いものなので、ぜひ考えてみてくださいね♡

(♡)この記事についているタグで検索する

#旅行#観光#東北#キツネ

関連記事