私の“好き”にウソをつかない。
HOMEiPad【iOS 11】iPhoneでも使える“ファイル”アプリでファイルを扱いやすくなったけれど連携に問題も...

【iOS 11】iPhoneでも使える“ファイル”アプリでファイルを扱いやすくなったけれど連携に問題も...

iPad

2017/09/27
kumiab海老名 久美

INDEX

iOS 11には、新しく「ファイル」というアプリが追加されています。

「ファイル」アプリは、MacのFinderや、Windowsのエクスプローラーのようなもので、ここから、iOSデバイス上にあるファイルとクラウドにあるファイルに簡単にアクセスできるようになりました。

iPadではDockに、iPhoneではホーム画面にインストールされる

これまで使っていたiOSデバイスにiOS 11を上書きでインストールした場合、iPadでは、画面下に新たに追加されたDockに「ファイル」アプリがインストールされているので、すぐに分かります。

iPhoneの場合は、Dockではなく、空いているところにインストールされるので、注意して見てみないと気付かないかもしれません。よく利用する場合は、自分でDockに移動させておきましょう。

最近使ったファイルやiCloud Drive上ファイルにアクセスしやすい

「ファイル」アプリには、「ブラウズ」と「最近使った項目」の2つの画面があります。「ブラウズ」では、iCloud DriveやiPhone内などの場所を指定して、ファイルを一覧できます。

ファイルに指定してある「タグ」は、MacやiOSデバイス間で同期されるので、タグを使ってファイルを探すことも簡単です。

「検索」ボックスにファイル名を入力して探すこともできます。

zipファイルの場合は、「内容をプレビュー」をタップして、中身を確認することができます!

ファイルを整理や移動もできる

複数のファイルを選んで、ドラッグ&ドロップもできるので、ファイルの整理や移動も楽です♪

DropboxやOneDriveも追加できる

「場所」には、自分が使っているその他のクラウドドライブサービスも追加できます

各クラウドドライブのアプリがインストール済みであれば、場所の一覧に表示されるので、オンに切り替えるだけで連携できます。

Google ドライブがインストールされていると不便に?

iCloud Drive以外のクラウドドライブとの連携は便利なのですが、Googleドライブとの連携では、ちょっと面倒なことになりました

iCloud Drive上にあるファイルを開いて中を確認したいのに、ファイルをタップすると、自動的にGoogleドライブアプリに飛ばされて、Googleドライブに保存するかどうかを確認するダイアログボックスが表示されてしまうのです。

Googleドライブを削除して同じ操作をしたところ、問題なく「ファイル」アプリ上でファイルの中身を確認できました。

iCloud DriveとGoogleドライブの両方を頻繁に使っている場合、かなり不便なので、これは早期に修正して欲しいところです。

【関連記事】

“写ルンです”で撮ったような写真加工ができる無料iPhoneアプリ6選!
【随時更新】iPhone 8/8 Plus、iPhone X、Apple Watch Series 3、iOS 11に関する情報まとめ