iPhone設定・使い方・Tips 夏はスマホが熱くなる!データ破損を避けるための7つの対策、教えます♩

夏はスマホが熱くなる!データ破損を避けるための7つの対策、教えます♩

iPhone設定・使い方・Tips

anju


最近なんだかスマホが熱くなること、ありませんか?

スマホを熱いまま放置しておくとバッテリーが膨らんだり、大切なデータの破損の原因になります。それを防ぐために、いま1度熱くなったスマホの対策をおさらいしておきましょう!

1.アプリはしっかり終了させる

使い終わったアプリを終了させないままにしておくと、そのアプリが裏でずっと起動している状態になりスマホが休まりません。

ですのでアプリを使い終えたら、こまめに終了させておきましょう。

2.「熱い」と感じたらスマホを触るのをやめる

スマホを触っていて少しでも「熱い」と感じたら、1度触るのをやめてスマホをクールダウンさせましょう。

3.ケースを外す

熱くなってしまったスマホを早く復活させたい場合はケースを外して、日陰においておくのをおすすめします。

ケースをつけたままにしておくと、スマホ内に溜まった熱気が外に出ていきづらくなってしまうんです。

4.SIMカードを取り出して内部に風を通す

スマホには通気口がないので、SIMカードを取り出して内部に風を通す口を作ってあげましょう。

その際、内部に埃などのゴミが入らないよう注意してくださいね。

5.冷却シートを利用してみる

熱いスマホを急激に冷やすと結露してしまい、スマホ内部が水没してしまうので、熱を吸い取る冷却シートなどで徐々に冷やしていきましょう。(スマホ専用の冷却シートも発売されています)

使用する前に予め貼っておくのもいいかもしれません。

6.充電器に接続しながらの利用は控える

夏の暑さ+充電をしてしまうとスマホはなおさら熱くなってしまいます。

どうしても充電しながら使いたい場合は日向を避け、日陰で利用するようにしましょう。

7.最大の原因は容量の大きいアプリかも?

スマホが熱くなる原因の1つとして考えられる容量の大きいアプリ。

消さなくても大丈夫ですが、外出時の利用を控えることでスマホが熱くなるのを防げるはずです!

どのアプリの容量が大きいのか?というのは[一般]→[使用状況]→[ストレージを管理]で分かります。

以上がスマホが熱くなった時の対処法です。

これで確実にスマホの熱が引くというわけではないですが、少しは改善されると思います。

みなさんぜひ参考にしてみてくださいね!


関連記事