アプリ ヘルスケアアプリで、まずは歩数やウォーキングの距離を確認してみよう!

ヘルスケアアプリで、まずは歩数やウォーキングの距離を確認してみよう!

アプリ

海老名 久美



iOS 8からインストールされるようになった「ヘルスケア」アプリ。
いきなり、ポンとアイコンが置かれていて、説明もほとんどなく、何をどうするものなのか、いまいち分かりにくいですよね。

緊急時に役立つメディカルID機能については、「【iOS 8】緊急時に役立つ簡易カルテ『メディカルID』登録の利点と欠点。」を参照してください!

メディカルID以外にも、健康に関するデータをすべて集約できるのが、ヘルスケアアプリのメリットなのですが、基本的には、「ヘルスケアアプリとの連携機能を持つアプリやガジェットと一緒に使う」ものです。

でも、歩数、ウォーキングとランニングの距離、iPhone 6/6 Plusの場合は上った階段の階数が、iPhoneだけで、実はずっと記録されているのです。

ダッシュボードにデータのグラフを表示するには、設定が必要です。

その設定は、画面下部にある[健康データ]をタップすると表示される一覧から、[フィットネス]をタップして行います。

フィットネスデータの種類が一覧表示されるので、ダッシュボードに表示したい項目それぞれで、設定をオンにします。

ここでは、[ウォーキング+ランニングの距離]、[上った階数](iPhone 6/6 Plusのみ)、[歩数]をオンにします。

まずは、歩数の[ダッシュボードに表示]をオンにします。

次に、上った階数の[ダッシュボードの表示]をオンにします。

最後に、ウォーキング+ランニングの距離の[ダッシュボードに表示]をオンにします。

これで、3種類のフィットネスデータがダッシュボードに表示されるようになります。

これだけでも、だいぶ健康管理に役立ちそうに見えてきませんか?

また、私はAzumio Inc.のSleep Time+を長年愛用しているのですが、先日アップデートされて、ヘルスケアアプリと連携できるようになったので、設定してみました。

こうした、外部アプリは、[ソース]画面に一覧表示されます。

外部アプリからインポートされたデータも、ダッシュボードに表示することができます。

まだ、ヘルスケアアプリと連携可能なアプリは少ないですが、今後の展開が楽しみですよ☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆


関連記事