お役立ち わたしがLINEじゃなくて、iMessageを使う4つの理由。

わたしがLINEじゃなくて、iMessageを使う4つの理由。

お役立ち

ISUTA編集部(スマホ)


今や、連絡手段といって真っ先に名前が上がるのは「LINE(ライン)」ではないでしょうか。グループチャットやスタンプなど、便利な機能が満載で、通常のメールに比べてレスポンスが早いのも人気の1つです!

しかし、わたしはLINEに対して消極的でした。ダウンロードしたきっかけは、友人に「LINEに登録してないから、連絡しづらい」と言われたからです(笑)様々な連絡は、ほとんどiMessage(アイメッセージ)で済ませています!

LINEと比べて、iMessageのどこが良いのかを、体験談を踏まえお伝えいたします!

1.安心のセキュリティ

以前、LINE上で知人にEメールアドレスを教えたことがあります!すると次の日から、そのアドレスに迷惑メールが殺到。後日、友人も同じ体験をして、お互いにLINEにメールアドレスを投稿した次の日だったため、なんだか偶然には思えませんでした。

その点、iMessageはApple純正のアプリなので、不安に思うことはなく安心して利用できます!

2.開封済み時刻がわかる

LINEでいう「既読」の機能が、iMessageにもあり、しかもiMessageは、メッセージを開封した時刻も表示してくれます!

もちろん、開封時刻のお知らせ機能をOFFにすることもできます。LINEの「既読疲れ」にお悩みの方は、設定⇒メッセージから「開封証明を送信」をOFFにしてください♩

3.相手が入力中か分かる

返信を催促するメールを送ったら、タッチの差で相手から返信が…こちらが焦っているようでなんだか恥ずかしい><

そんなことにならないように、iMessageには入力中を知らせる吹き出しマークが出ます。これで、話が前後することもありませんね☆

4.LINEをやっていない人、IDを知らない人にも送れる

スマホを持っているからといって、必ずみんながLINEをやっているとは限りません。また、LINEをやっていても、検索にひっかからないようにしていたり、IDを知らなければメッセージを送ることはできません。

iMessageは、そんな人にも電話番号やメールアドレスから気軽にメッセージを送ることができます♩

個人情報を送る場合、画像を共有する場合には、iMessageをうまく使うと安心でスムーズにやり取りができます。

Wi-Fi接続が可能であればiMessageでのやり取りをおすすめいたします!

実は使っている人が少ないiMessage、ぜひみなさんも使ってみてくださいね☆

▼“iMessage”に関する記事はこちら


関連記事