isuta

iPhoneの設定・使い方iPhoneのヘルスケアアプリって使ってる?急な体調不良時に役立つ時があるかも!

iPhoneのヘルスケアアプリって使ってる?急な体調不良時に役立つ時があるかも!

iPhoneの設定・使い方

2019/02/11
Yano Sara


iPhoneのヘルスケアアプリって使ってる?急な体調不良時に役立つ時があるかも!

この記事のINDEX

今年はインフルエンザが猛威をふるっていますが、できるだけ健康に冬を乗り切りたいですよね!

そんな時におすすめなのが、日常的な運動時間や睡眠時間などが管理できて、あなたの体調管理をサポートしてくれるiPhoneの標準アプリ「ヘルスケア」なんです♪

1日の運動量が確認できる!

ヘルスケアアプリでは、iPhoneが歩数計となって1日の運動量を教えてくれたり、バランスの取れた食事を摂ることを意識させてくれたりします。

まずはヘルスケアアプリを立ち上げて、自分の情報を登録しましょう。

ヘルスケアデータのページでは、歩数や歩行距離を確認できる「アクティビティ」や、睡眠時間を計算してくれる「睡眠」など4つのカテゴリーに分かれた情報を見ることができます。

まずは「アクティビティ」で1日の運動量をチェック♪

1日の歩数や動いた距離が“見える化”されることで、意外と運動していることが分かったり、逆に運動量の少なさに驚いてしまったりする人もいるかもしれません。

睡眠」ページでは、就寝と起床時間を入力しておくことでグラフで睡眠時間を表示しれくれて、自分の睡眠サイクルを確認することができちゃいます。

ほかにも「栄養」のページではカフェインの摂取量などを記録できるので、普段から健康への意識を持つきっかけをくれるはず♪

緊急時に役立つメディカルID登録は必須!

ヘルスケアアプリを登録する時に出てくる「メディカルID」登録は、あなたの緊急時に、医療関係者などが治療に必要な血液型やアレルギー情報を確認することができるシステムです。

事故や病気はいつ、どこで、誰に、起きるかわかりませんよね。そんな時に自分を救ってくれるかもしれないデータなので、この機会にぜひ登録しておきましょう!

緊急時のアクセスをオンにしておくと…

ロック画面に表示されている「緊急ボタン」からあなたの「メディカルID」を確認することが可能になります。

「メディカルID」には持病や、アレルギーなど、緊急時に必要な情報を入力してくださいね。

さらに「緊急連絡先を追加」しておくと、指定した相手に緊急通報を利用したというメッセージを自動送信してくれる機能もついています。

病気や事故に合う前に、自分の体と向き合ったり、緊急時の事を考えてみる時間を作るのも大切かもしれませんね♡

▽この記事の関連タグはこちら

【関連記事】

【iOS 12】Siriショートカットはもう使った?連携させるとさらにスマートに使えるおすすめアプリをご紹介♪
iOS 11の新機能『緊急SOS』。“もしも”の時のために使い方を確認しておこう!
急時にお役立ち♡iPhoneのバッテリーをできるだけ長持ちさせる5つの方法

関連記事