isuta

iPhoneの設定・使い方なにかと話題の「AirDrop痴漢」に遭わない対策方法。被害に遭う前にすぐ設定変更して!
isuta GIRL

なにかと話題の「AirDrop痴漢」に遭わない対策方法。被害に遭う前にすぐ設定変更して!

iPhoneの設定・使い方

2018/10/15
Yano Sara


なにかと話題の「AirDrop痴漢」に遭わない対策方法。被害に遭う前にすぐ設定変更して!

この記事のINDEX

みなさんはiPhoneの「AirDrop(エアドロップ)」機能を利用したことはありますか?

とても便利な機能なはずなのに、最近SNS上などで不快な画像が無断で送られて来る、「AirDrop痴漢」の被害にあったことがSNS上やテレビなどで話題になっていますよね。

どんなAirDrop痴漢とはどんな行為なのか、また被害に合わないための防止策などをご紹介していきます!

AirDropってどんな機能?

便利な機能ながらAirDropをまだ使ったことがない方もいると思うので、まずはその機能や使い方をご紹介します。

「AirDrop」は、近くにいる相手(iPhoneやiPod touch、iPad、Mac)と写真やビデオ、メモ、Webサイト、連絡先などが無線で共有(送受信)できる機能で、使い方はとても簡単!

送信したい画像などを開き、左下のマークをタップします。

画像元:Apple Inc

すると、AirDropを共有できる人が表示され、タップすることで、通信量を使わずにデータを共有することができるんです!

話題の「AirDrop痴漢」対策方法!

「AirDrop痴漢」とは、そんな「AirDrop」機能を使って、女性が不快に感じるような画像が、見知らぬ人から勝手に送信されて来て、「この画像を受け取りますか?」と言う通知と画像がプレビューされてしまう事をさしています。

では、なぜ見知らぬ人から自分のiPhoneに画像が送信されるのでしょうか。

それは、「AirDrop」の設定状況が「すべての人」を選んだ設定になっているからなんです。

不快な思いをする前に、自分の「AirDrop」設定を確認してくださいね。

まずは設定画面の一般をタップします。

次に、AirDropの項目を選択し…

ここで、「連絡先のみ」を選択するようにしましょう。これで、連絡先に登録されている相手としかAirDropすることができなくなります。

犯人は混雑する場所などで、自分の「AirDrop」に表示された不特定多数の相手に、画像を送信していると思われます。

設定が「すべての人」になっていると、自動的に犯人の「AirDrop」送信相手に自分が候補として表示されてしまうんです!

また機能上、送信相手を突き止めることは難しいのだそう…

iPhone設定を変更するだけで防げる痴漢行為なので、不快な画像に遭遇する前にぜひ設定変更する事をおすすめします。

【関連記事】

【iOS 12】使いこなすと絶対に便利!いつもの操作を短縮してくれる新機能「ショートカット」
自分なりの「iPhoneとの付き合い方」を考える。iOS 12で使える新機能「スクリーンタイム」をずっと待ってた!
Twitterではアカウント端末と位置情報履歴が分かる!マイページから確認する方法

関連記事