iPad 10.5インチのiPad Proレビュー!画面自体も大きくなり、9.7インチに勝るとも劣らずで使いやすい♡

10.5インチのiPad Proレビュー!画面自体も大きくなり、9.7インチに勝るとも劣らずで使いやすい♡

iPad

ISUTA編集部(スマホ)


先日行われた「WWDC2017」で発表された10.5インチのiPad Pro。

この登場で、大きさ、操作性ともに最強か? と言われていた9.7インチのiPad Proがなくなるのですが…、10.5インチを実際に使ってみたところ、9.7インチのiPad Proに勝るとも劣らないタブレットでした!

さっそく女性目線でレビューしていきますよ♡

【関連記事】10.5インチの新型iPad Proが登場♩iOS 11でさらにノートPCっぽく便利に使えそう!

10.5インチ、意外と大きくない

「WWDC2017」の発表では、10.5インチは9.7インチよりひと回り大きく、対角線上にすると2センチの差があるとのことでした。

なので「ちょうど良いな」と感じていた9.7インチの大きさが失われ、使いづらさを感じるかと思っていたのですが…

実際、手にしてみると「意外と大きくない!」という感想をいだきました。これなら9.7インチのiPad Proを狙っていた人も、文句ない大きさです♩

そして本体そのものが大きくなると同時に、画面も大きくなっています。縁が約40%も減らされているとのこと。

サクサク動いてストレスフリー!

画面の大きさ、そしてTrue Toneで見る画面の美しさに驚いたのもつかの間、さらに驚いたのは動作の速さでした。

今までも十分にスピーディーでストレスなく使うことが出来ていたのですが、新登場のA10X Fusionチップに対応したことで“ぬるぬるとした”操作感に。

Apple Pencilの使い心地もディスプレイ越しに書いている感じから、実際に“書き込んでいる”感が強くなりました!

スマートキーボードがMac向け日本語配列になった♩

今回変わったのはiPad Pro本体だけじゃない。別売りのスマートキーボードもバージョンアップ! 嬉しいことにMac向け日本語配列になりました。

以前までのスマートキーボードを使っていた人なら分かると思うのですが、Macに慣れている人には使いづらいキー配置だったんですね。

それがスペースキーの左右に[英数][かな]切り替えのキーが配置され、妙な打ち間違えがなくなりました!

さらに小さすぎると感じていたエンターキーが大きくなり、「この大きさだよね!」と思いました。(個人的に)

キーボード切り替えを行うためのキーも、左端という場所からスペースキーの近くに移動し、指を動かす範囲が狭まり使いやすく。

今まで「長文を打つのが辛い」と思っていたのですが、心なしか“キーを押してる感”も強くなり、長文作成がかなり楽になった気がします。(実際にはタイプの時の感覚は変わっていないとのこと)

持ち運びに便利、おしゃれなレザースリーブ新発売

10.5インチのiPad Proと同時に発売されたのが、持ち運びに便利なレザースリーブと、Apple Pencilを使う人のためのApple Pencilケース。

  • レザースリーブはスマートキーボードをつけたままでは使えないので、Apple Pencilのみを使う人におすすめ。
  • そしてApple PencilケースはスマートキーボードもApple Pencilも両方使う、という人におすすめ。

どちらも手触りが良く作りもしっかりしているので、どんな時でもiPad ProとApple Pencilを守ってくれそう♩

iPad Proはタブレットとノートパソコン、ふたつの顔がある

iPad Proの良さは、“タブレット”の顔と“ノートパソコン”の顔、ふたつを持っていること。

「パソコンみたいに使える」と聞くと、そんなに機能がついていなくても大丈夫と思ってしまいますが、それはあくまでももう一つの使い方。なぜならiPad Pro自体にスマートキーボードはついていないし、Apple Pencilも別売りなので、基本的にはタブレットです。

ですがアクセサリーをつけたりアプリを使ったりすれば、ノートパソコンみたいに使うことができる。

「パソコンは欲しいけどそんなに使わない気がする…」。タブレットとノートパソコンの使い分けができるiPad Proは、そんな人に超おすすめなガジェットですよ♡

▼“iPad”に関する記事はこちら

参照元:Apple


関連記事