isuta

注目美女インタビュー柳ゆり菜さん人生初のベリーショートで気分はマニッシュ!映画のキュートな探偵役がハマりすぎ♡

柳ゆり菜さん人生初のベリーショートで気分はマニッシュ!映画のキュートな探偵役がハマりすぎ♡

注目美女インタビュー

2017/04/26
iphonegirlisuta編集部(スマホ)


パッと花が咲いたような笑顔と抜群のスタイルの持ち主、柳ゆり菜さんは、男性からの人気はもちろん、その屈託のない表情やダンスで鍛えた、健康的かつ魅力的な所作に癒されている女性も多いのでは?

今回は1974年にテレビ放送されていたアニメ、「破裏拳ポリマー」の実写映画化にともない、主人公が経営する探偵事務所の電話番兼ビルオーナーで、探偵オタクのテル役に抜擢されました。今回はそんなテルをキュートに、自然に演じ切った柳さんにインタビュー!

色んな表情を見せてくれる柳さんに、役作りについてはもちろん、今出会いたい運命の○○、好みのタイプまで、詳しくお聞きしちゃいました♡

--今回の映画「破裏拳ポリマー」のテルは、すごくコミカルというかちょっと非現実的な女の子だったのに、とても自然に見えたのですが、その秘訣はなんだったのでしょう?

柳-ありがとうございます! そうですね、この作品の中でほぼ唯一、事件に直接絡まない役だったので、あえて天真爛漫さを満開にと言いますか(笑)。とにかくこの作品の中で、現場の中で、自由でいようってことは心がけました。だから明るさと自由さと、あとちょっとネジが緩んでるような感じは意識しつつやっていました。

ビルのオーナーという本来なら事件に全然関係してこないはずの子が、探偵オタクだからと探偵長についてって、自称探偵助手としてだんだん事件に絡んでくる。そんな天真爛漫で自由勝手で、でも憎めない感じっていうのがテルの魅力だと思うので。

--確かに、事件のことを何も知らないからこその明るさがありますよね。

柳-そうなんですよ! 刑事でも探偵でもなんでもないので(笑)、すごいことが起こってる現場にいても楽しんじゃうような、ちょっとぶっ飛んだ女の子っていう感覚でしたね。

--最後、結局テルは誰が好きなのかなって、すごく気になったのですが……(笑)。

柳-あー! 難しいなあ(笑)。私個人の話でもいいですか? 私は、シャーロックの、真面目で健気な感じとか、振り回されちゃうみたいな男性はけっこう好きです♪ 頼りない人とか……って、私の勝手な好みですけど(笑)。

--テルちゃんに関してもそういうところはありますよね!

柳-そうですね、でも裏設定的に露骨には出してないんですけど……武士が好きなんですって♡(笑)。でもテルのことなので、これからも(映画が終わった後の世界で)自由に生きていると思います。

カワイイ×アクションが痛快!ダンスの経験がアクションの演技に活きた

--劇中のアクションシーンもすごくかわいくて、見たことのないようなものだったのですが、今までの経験で活かせたものはありましたか?

柳-ダンスは役にたちましたね。アクションも振りを覚えるのと一緒で、監督が体で表現してくれるのを見て覚えるので、「覚えがすごく早いし、自分のものにするのがすごくうまい」って監督にも仰っていただけました。どうしたらカッコイイとか、どうしたら面白く見えるのかを発見するのは、もうダンスで常々やってきたことなので、すごく活きたと思います!

映画が大好き!おすすめは甘さがクセになる映画「バニラスカイ」

--映画、本、音楽が大好きということなのですが、最近印象に残ったものはありましたか?

柳-映画は「バニラスカイ」がかなり面白かったです! 観ましたか?

--はい! 少し前の映画ですが、柳さんの感想を拝見してまた観たくなりました♪

柳-私、最近になって観たんですけど、「こんな名作があったんだ!」って。ラブストーリーなのかSFなのかファンタジーなのか。でもゾクッともするしサスペンスなのか? 結局どのジャンルにこの映画を納めたらいいのかわからないんですけど、ずーっと切ないし、面白いし、甘い感じなんですよ。

だから「バニラスカイ」っていう題名も効いてるなと思うし、あと、とにかくキャメロン・ディアスとペネロペ・クルスがかわいい! 極端に違う女性なんですけど、どっちも魅力的でとっても面白かったですね。

自分にプレゼントしたい、コットンの真っ赤なワンピース♡

--Twitterで、自分用に購入された指輪をアップしてらっしゃいましたが、次に自分にプレゼントをあげるとしたら何がいいですか?

柳-あー! いっぱいあるなあ! 私、コットンの真っ赤なワンピースが欲しいですね。

--具体的ですね!

柳-今やっているお仕事がクランプアップした時に、自分にプレゼントしようかなと思ってます!

--まだ、どのワンピースを買うかは決まっていないんですか?

柳-ずっと探し求めてるんですけど、なかなか自分の思い描いている真っ赤なワンピースがなくて。全部コットンだとお値段もするので、気に入った真っ赤なワンピースを探したいと思います(笑)。

--探すところからプレゼントみたいな感じですね♪

柳-そうですね! インポートものとかのお店を巡って、たまたま巡り会えたものがあればいいなと思います。

人生初のベリーショート!今はマニッシュスタイルが気分です♡

--普段の服装はどちらかというとカジュアルですか?

柳-最近は黒などが多くてシンプル派です! TシャツにGパンとか。

--この1年くらいで、髪型にはたくさん変化がありましたよね。

柳-かなり変わりました! 少し前までは花柄のワンピースとか、可愛らしい服装がマッチしてたんですけど、髪を切る少し前くらいからシックに落ち着いてきて。髪を切ってからはもうTシャツにアンクルパンツ、靴下とローファーを合わせるみたいな。女性って髪型ですごい服装が変わるんだなって思いましたね。

映画「破裏拳ポリマー」 柳ゆり菜さんからのメッセージ

私自身、変身ヒーロー物ってそんなに興味がなかったんですけど、この作品はヒーローがそんなカッコよくないっていうか(笑)。普段はズボラな男性が、変身してすごくカッコいい姿で戦うっていう、女子からするとキュンとするヒーロー像があって。カッコつけてない人が本当に生きてる、リアルの世界を感じることができます。ヒーロー物は、“フィクション”の感じがすごくあると思うんですけど、この映画には人間臭さのあるドラマが詰まっているので、女性でも純粋に楽しめる作品だと思います。女性も男性も、若い方も年配の方にも観て欲しいですし、色んな人を連れてきて一緒に楽しんで欲しいなって思います!

映画「破裏拳ポリマー」

(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

タツノコプロ55周年作品「破裏拳ポリマー」 5月13日(土)公開!

CAST:溝端淳平/山田裕貴/原幹恵/柳ゆり菜/神保悟志/長谷川初範
監督:坂本浩一/脚本:大西信介/キャラクターデザイン:野中剛/原作:タツノコプロ/配給:KADOKAWA
主題歌:「悲しみ無き世界へ」グッドモーニングアメリカ(日本コロムビア/トライアド)
(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

公式サイト:polimar.jp

(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

激増の一途をたどり過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化、組織に対する単体での攻撃力、機動力を兼ね備えた特殊装甲スーツ「ポリマーシステム」を開発した。しかし、軍隊をも破壊できる絶大な力を手にすることを危険視した当時の警視総監は開発の中止を命令。すでに完成していたポリマースーツもその力を封印した。

数年後、新たに就任した警視総監(神保悟志)の指示によりポリマースーツの開発が再開されるが、テスト版ポリマースーツのうち3体が盗まれ、その強大な力を使った犯罪が頻発する。盗まれ悪用されるポリマースーツを撃退し取り戻すためには、封印されたオリジナル版かつ完全版である紅きポリマースーツを使うしかない。特定の「声」によるダイアローグコードでその封印を解き、最強のポリマースーツを起動させられる世界でただ一人の人物は誰なのか…。

柳ゆり菜プロフィール

柳ゆり菜(やなぎ・ゆりな)

1994年4月19日生まれ 大阪府出身

「EXPG(EXILE PROFESSIONAL GYM)」大阪校出身。「Smart Boys & Girlfriend オーディション」をきっかけに、グラビアデビュー。2014年に連続テレビ小説「マッサン」(NHK)にワインのポスターモデル役で出演し、話題になる。主な出演作品に「恋妻家宮本」、「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」などがある。特技はダンス。

PHOTO:norico/文章:馬塲言葉

関連記事