isuta

最新プレスリリース音を届ける靴下!? あさぎーにょが新曲「ミラーボールはいらない」をダウンロードできるオリジナル靴下を発売

音を届ける靴下!? あさぎーにょが新曲「ミラーボールはいらない」をダウンロードできるオリジナル靴下を発売

最新プレスリリース

配信元:PR TIMES



コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc. でプランナーとして活動するあさぎーにょが、新曲「ミラーボールはいらない」のダウンロードができるオリジナル靴下を本日2月27日より発売することをお知らせいたします。



コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc. (本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺裕介)でプランナーとして活動するあさぎーにょが、新曲「ミラーボールはいらない」のダウンロードができるオリジナル靴下を本日2月27日より発売することをお知らせいたします。
靴下の発売に先駆け同日に公開した「ミラーボールはいらない」 のMV(ミュージックビデオ)にも登場する本アイテムは、パッケージのQRコードを読み取ると楽曲がダウンロードできる仕組みとなっており、発売からわずか30秒で完売したQRコード付きパジャマや、“食べる音楽”として発表した食品のシリアルとQRコード付きエプロン、バラード曲がダウンロードできる絵本などに続く、あさぎーにょが追求する“新しい音楽の届け方”シリーズの最新版です。

■ 「ミラーボールはいらない」original socks &MV公開日
2020年2月27日(木)

■ 「ミラーボールはいらない」original socks 販売URL(20時 公開、21時 販売開始)
https://hentecopop.shop/items/5e4611b7cf327f147f410a77

■ 「ミラーボールはいらない」MV URL(20時 公開)
https://youtu.be/Wpv32qdQ0VY


オリジナル靴下について

■デザインポイント(あさぎーにょより)


靴下のモチーフは私の手描きイラストで、ポップなカップルをイメージしました!
あえて足の側面ではなく真後ろに刺繍することで、後ろから見たら2人がそろって見えるようにしました。
パッケージはCDジャケットをイメージしています。
楽曲の世界観を切りとったアイテムとともに音楽を届けるというのが私のスタイルです。
みんなが手にとって楽曲を聴く時とはまた違った気持ちになってもらえたらと思います。

■商品詳細


商品名: henteco pop (へんてこポップ)
「ミラーボールはいらない」original socks
カラー: ホワイト、ネイビー
価 格: 2,980円(税込)
サイズ: ONE SIZE 23~25cm
素 材: 綿、ポリエステル、その他
※ご購入はお一人様につき2足までとさせていただきます。


新曲「ミラーボールはいらない」について

新曲は“超セカイ系”ポップ・バンドのポップしなないでが楽曲提供し、MVはOfficial髭男dism「Pretender」や、あいみょん「どうせ死ぬなら」の監督を務めた新保 拓人氏(SEP)が担当。また、本楽曲はデジタルシングルとして2月28日(金)より各音楽配信ストアにて購入・ダウンロードが可能(※)となります。※靴下は付属しておりません。

■MVコンセプト(企画担当者より)

「素敵な靴下は、素敵な場所に連れて行ってくれる。」
そんな想いを込めて、あさぎーにょさんが大好きな"60年代"をテーマにした架空の雑誌の世界を旅していくミュージックビデオになっています。
ちょっとへんてこで、ポップなファッションや世界観をぜひお楽しみください。








■楽曲情報

あさぎーにょ「ミラーボールはいらない」
作詞:かわむら
作曲:ポップしなないで
編曲:ポップしなないで

デジタルシングル配信日:2020年2月28日(金)
配信先:iTunes Store 、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC など
ダウンロードURL:https://linkco.re/t6ZrcfDq(2月28日以降)

■MV クレジット
Director:新保拓人(SEP,inc.)
Styling:浅野実希
Hair&Make-up:砺波喜子
Costume Coodination:starblinc、KAORUZHOU、原宿シカゴ、little trip to heaven


あさぎーにょプロフィール



「へんてこポップ」という世界観を幅広い分野で表現し続ける次世代のYouTuber/Artist。
YouTubeやTikTokなどSNSでの合計フォロワーは150万人を超え、音楽、ファッション、映像制作と幅広い分野で活躍中。
新しい音楽の届け方や独自の世界観の表現を追求するなど、常に新しいことに挑戦し続ける姿が若い世代から多くの支持を得ている。

関連記事