isuta

最新プレスリリースフードコートの食事を事前に注文&決済できるスマートフォンアプリ“TANOMO”をリリース

フードコートの食事を事前に注文&決済できるスマートフォンアプリ“TANOMO”をリリース

最新プレスリリース

配信元:PR TIMES





席に座りながらフードコートの食事が簡単に注文できるスマートオーダーシステム

オンデマンドフードデリバリー「NEW PORT」の運営会社であるスカイファーム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:木村拓也)は、三菱地所株式会社、三菱地所リテールマネジメント株式会社、株式会社EPARKテイクアウトと協同し、三菱地所リテールマネジメントが管理・運営する東京都江東区の商業施設「南砂町ショッピングセンターSUNAMO」のフードコートにおいて、食事の注文・決済を事前にスマートフォンから行えるアプリ「タノモ」のシステム提供を2018年4月16日(月)より開始します。

ニュースリリース
2018年4月16日
報道関係者各位
スカイファーム株式会社

フードコートの食事を事前に注文&決済できるスマートフォンアプリ
“TANOMO”をリリース


席に座りながらフードコートの食事が簡単に注文できるスマートオーダーシステム





 オンデマンドフードデリバリー「NEW PORT」の運営会社であるスカイファーム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:木村拓也)は、三菱地所株式会社、三菱地所リテールマネジメント株式会社、株式会社EPARKテイクアウトと協同し、三菱地所リテールマネジメントが管理・運営する東京都江東区の商業施設「南砂町ショッピングセンターSUNAMO」のフードコートにおいて、食事の注文・決済を事前にスマートフォンから行えるアプリ「タノモ」のシステム提供を2018年4月16日(月)より開始します。

株式会社EPARKテイクアウトと協同開発したこのスマートオーダーシステムにより、お客様は注文時の行列に並ぶことなく、席に座りながらスマートフォンを通じて食事をオーダーすることができるようになります。店舗側においては、注文の受付業務や会計業務を本システムに任せることにより、オペレーション負担の軽減による人件費抑制や混雑解消による回転率の向上を期待することができます。さらに購買データの蓄積により、人気商品の要因分析が可能となり、店舗の新商品開発にも繋げることが可能となります。

スカイファーム株式会社は、三菱地所がベンチャー企業と共同で新規事業創造を目指すプログラム「Corporate Accelerator Program」に参加しており、「南砂町ショッピングセンターSUNAMO」だけでなく、三菱地所グループの他の商業施設でのスマートオーダーシステム導入も検討してく予定です。


代表略歴(スカイファーム株式会社)
米国San Francisco State University卒業後に起業、外資系IT企業を経て楽天株式会社へ入社。自身で健康食品の販売戦略の立案を担当し、チームマネージャーとしては自動車、家電メーカー、エステ、金融、生活サービスと多岐にわたるクライアントの戦略立案に携わる。マーケティング戦略立案数は55企業、100商品以上、チームマネージャーとしては110企業の戦略をディレクション。「次世代の都市型ライフスタイル」に強い関心をもち、これにITマーケティング支援をとおして貢献すべくスカイファーム株式会社を創業。
2016年1月よりオンデマンドデリバリーサービス「NEW PORT」、2016年12月より高層ビル内デリバリーサービス「LANDMARK SHIPPING」をスタートさせる。
2015年12月に株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ主催の5Gハッカソンにてグランプリ受賞。
2017年11月に三菱地所株式会社主催アクセラレータプログラムにて特別賞受賞。
http://sky-farm.jp/

オンデマンドデリバリー「NEW PORT」
https://newport.stores.jp/

高層ビルプラットフォーム「LANDMARK SHIPPING」
https://landmark-shipping.jp/

関連記事