isuta

iPhoneの設定・使い方iPhone 6s/6s plusで撮影できる「Live Photos」って編集したり共有したりできるの?

iPhone 6s/6s plusで撮影できる「Live Photos」って編集したり共有したりできるの?

iPhoneの設定・使い方

2015/10/06
kumiab海老名 久美


この記事のINDEX

iPhone 6s/6s plusから撮影できるようになった、「Live Photos」。

カメラアプリで、三重丸のLive Photosアイコンをタップして撮影すれば、撮影の瞬間の前後も含めた短い動画が撮影できる機能です。

Live Photosを使って撮影した写真は、iPhone 6s/6s plusでは、3D Touch機能を使って再生できます。つまり、画面をギュッと押すと再生されます。

Live Photosを他のiOSデバイスやMacと共有する

3D Touch機能を搭載していないiPhoneや、Macでは、Live Photosはどうなるのでしょう?

Live Photosも、近くのiOSデバイスやMacと、AirDropで簡単に共有できます♪

iPhone 6 plusでは、写真をタッチしている間だけ、動画が再生されました!

そして、OS X EL Capitanを搭載しているMacBookの写真アプリでは、写真の上に表示される「Live」というアイコンをクリックすると、動画が再生されました。

しかしながら、Androidデバイスに送ったLive Photosは、当然ですが、静止画としてしか見ることができませんでした。

Live Photosを編集する

写真アプリで、Live Photosを編集しようとすると、「編集するとLive Photosがオフになります」というメッセージが表示されました。

「OK」をタップしないと、写真を編集できません。

ただ、Live Photosがオフになった編集後の写真を、さらに編集しようとすると、画面右下に[元に戻す]というメニューが表示されるので、これをタップしてみると、

Live Photosに加えた編集はすべて破棄される、という説明が表示されます。

[オリジナルに戻す]をタップすると、フィルタなどの編集がすべてなくなって、元のLive Photosに戻ります。

この時は、夜の運河を走る屋形船が綺麗だったので、とっさに目に付いたLive Photosのアイコンをタップして撮影してみました。夜なのに、Live Photosで意外なほど美しく撮影できたことに、ちょっと驚きました♪

まだ新しい機能なので、どんな時に使うと便利なのか分かりませんが、編集しても戻せたり、他のiPhoneでも見ることができたりする利点を生かして、楽しい写真をもっと撮りたい!と思わせてくれることは確かです☆

関連記事