アプリ Catch Notes|最強のEvernoteに匹敵するクラウドノート!Chromeエクステンション・Firefoxアドオンを活用してサクッと保管☆もう手放せません!

Catch Notes|最強のEvernoteに匹敵するクラウドノート!Chromeエクステンション・Firefoxアドオンを活用してサクッと保管☆もう手放せません!

アプリ

Chocolate


便利すぎる無料のオンラインノート【Catch Notes】 画像もPDFも音声データも保存でき、共有もできちゃう!さらに瞬間同期でサクサク使える! オンラインで保存できるノートサービスと言えば、やはり「Evernote」が筆頭ですが、ゾウさんに預けるまでもなく手軽にサクッとオンラインに保存したい時に重宝するのがこのCatch Notes! 以下の方には特に効果抜群の軽快クラウドノートです。

・Evernoteに送るまでもないが、またあとで使いたいテキストや画像をさっと保管したい。かと言ってEvernote保存したくなったらすぐしたい。
・余計な機能は必要ない。シンプルイズベスト。
・パッとひらめいたメモをとりあえずオンラインに置いておきたい。
・画像付きメモをオンラインでサクッと作りたい。
・パソコンでもiPhoneでも使いたい。
・作ったメモをTwitterやFacebook、メールで誰かと楽に共有したい。
・面倒な同期作業は勘弁。
・やっぱり無料がいい。

今回は、そんな便利で軽快な無料のオンラインノートの使い方をまとめてみました!

  オンラインテキストエディタでは「Simplenote」が有名ですが、Catch Notesは画像を扱えたり、共有できたりするので最近ブレイク中!

先日のアップデートでPDFや音声データも扱えるようになり、さらに便利に!!

「Evernote」はもちろん万能ですが、再利用する手軽さやアクセス、入力の軽快さで言えばCatch Notesに軍配があがりそうです。

[Catch Notesの特徴]
*無料で70MB/月 まで利用できる。(有料は1GB/月)
*無料アカウントでも広告は非表示。
*パソコンからはブラウザでアクセスして使用。  (Evernoteのようなアプリケーションはありません)
*モバイルはiPhone/iPad/Androidアプリがある。
*テキスト、画像、音声、PDFを保存できる。
*TwitterやFacebook、メールで共有可能。
*ノートにはタグやコメントを添付可能。

Catch Notesを使うには。。。

①無料アカウントを取得 [PC]パソコンから登録する場合:catch.comにアクセスします。

ユーザ名/メールアドレス/パスワードを設定し、新規アカウント登録するだけのお手軽さ♪これだけで利用可能に!

(GmailまたはFacebookのアカウントからもサインイン可能) [iOS]iPhone/iPadなどから登録する場合:Catch NotesアプリをDLします。アプリ起動後、「Settings」>「Create Account」>「I am new to Catch.com」を選択します。Username/Email/Passwordを入力後「Create my account」で登録します。

※iOSからのの登録は少々面倒なので、PCある方はCatch.comからサクッと登録しましょう。

Catch Notesの使い方

パソコン、iPhone、iPadどちらも操作はとてもシンプルで直感的! [PC]パソコンで使うにはブラウザからcatch.comにアクセスしログイン。まずここでブックマークしておきましょう。 ログイン後、上部にはテキストエリアが表示されています。その下には全てのメモノート一覧が表示され、日付や期間等の絞り込み表示、タグは左側に表示されます。

一番上のテキストエリアに入力して保存(save note)するだけです。

画像などをアップロードする場合は、まずテキストを入れて一旦保存したあとそのメモノートをクリックすると、右下のにでてくる「attach file」を使います。その横の「add comment」をクリックすると追加コメントを入力できます。あとでメモに追記する場合や入力済みのテキストを編集したくない場合などにとても便利です! 「Share」ではTwitterやFacebookへの投稿、メールでの送信ができます。Evernoteに転送する場合はEvernoteアドレスにここから送信すればOK! 「Delete」はメモの削除です。

[iOS]iPhoneやiPadなどで使うにはアプリを起動します。一覧ページ右上の「+」ボタンから新規作成します。 “New Note”ページが表示され、キーボード右上に3つのツールボタン表示されます。左から、位置情報・タグ・写真。

必要に応じて各ツールボタンをタップし活用しましょう。 タグボタンをタップすると、候補タグが表示されます。その中から選択してもOK。新たなタグを付けるには、ノート上の「#」のあとにタグ名を入力しましょう。 位置情報はボタンタップでOKです。(位置情報設定を設定ページからオンに設定しておく必要があります。)

カメラボタンをタップするとカメラが起動します。カメラロールから写真を呼び出す際は、ファインダーの右下「Library」から呼び出しが可能です。 写真は自動的に白いフレームが付きます。

一覧表示でも、タグ名の左にピンが表示されているので位置情報付加しているメモがすぐわかります。位置情報付加したメモの下に青文字(日本の場合文字化けしてしまってますが。笑)でロケーションと表示されているのでタップしてみると地図が表示されます。

〜次のページでは、エクステンションでもっと便利な使い方〜


関連記事