アプリ ザラザラ加工も、ピンクフィルターもかけられる!「PicsArt」を使った4つの加工をレクチャーします♡

ザラザラ加工も、ピンクフィルターもかけられる!「PicsArt」を使った4つの加工をレクチャーします♡

アプリ

isuta編集部(スマホ)


最近では加工が得意な女子高生に「なんのアプリを使っているの?」と聞くと、「LINE Camera(ラインカメラ)」と「PicsArt(ピクスアート)」のどちらかだったりします。

流行りの加工方法も、どちらかのアプリで行われていることが多いんです。

ということで今回は、「PicsArt」を使って、本当に流行りの加工が全て出来るのかをチェックしてみました!

ピンクフィルターのかけ方

「え、ピンクフィルターはAnalog ParisかFoodieだよね?」という声が聞こえてくるような気がしますが、ピクスアートでも加工できます♡

この写真にピンクフィルターをかけます。

編集画面を開いたら、[ペイント]の機能を使っていきます。

ペイントの編集画面を開いたら、右下にある[レイヤー]を開き、塗りつぶしの[バケツ]をタップ。

自由に色の調整が出来る色相環が出てくるので、ピンクになるように調整し、写真にかぶせるようにしてピンクにします。

そのままだとピンク味が強すぎるので、スライダーで透過度を調整したら完成です♡

これで上手にピンクフィルターがかけられました!

アナログ感が出るザラザラ加工の方法

いま流行っているザラザラ加工も、ピクスアートで。

十分にアナログ感のある写真ですが、ザラザラ感をプラスして、さらにアナログ感を出します。

使うのは[エフェクト]機能。

[エフェクト]機能の中にある、[アーティスティック]を選択。さらに[うごき]という加工を選びます。

[うごき]の加工を2回タップし、各微調整を行いますが、ここで重要なのは[距離]と[ノイズ]。

  • 色相…調整なし
  • 距離…ゼロにする
  • 角度…調整なし
  • ノイズ…好みの強さにする
  • フェード…ノイズの強さに合わせて調整

これでザラザラ加工の完成です☆

韓国で流行りの加工にも挑戦

インスタでの流行りは移り変わりが早いですよね。いま韓国で流行っているのが、こんな加工なのですが…

セブンティーンの専属モデル・江野沢愛美さんも、いち早く取り入れています。

韓国のガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)もさすが、すでに使っていますね♡

調べてみたのですが使っているアプリが分からなかったので、ピクスアートで挑戦してみました。

加工するのはこちらの画像。流行りの加工に似合いそうな写真をピックアップしてみましたよ。

まずは先ほど紹介したザラザラ加工をしていきます。ザラザラを強めにするのがポイント。

その次に使うのが[アートレイヤー]という機能。名前の通り、アーティスティックな光を加工できる機能なのです。

ここで[ライト]もしくは[ネオン]から取り入れたい光を選びます。透過度や色相も調整してくださいね。

そして完成したのがこちら。写真が一気におしゃれになりました!

透けてるハートスタンプをつける

次は透けてるハートスタンプの加工方法。

まずはスタンプにしたいハートを[文字]で入れます。

次に文字の色や透過度を調整。複数入れたい場合は、上部にある[+]→[文字]でハートを追加しましょう。

ハートの色はグラデーションにも出来るので、そちらもぜひチャレンジしてみてくださいね☆

ピクスアートで流行る加工を生み出そう

使える機能が本当にたくさんあるので、空いた時間で適当に遊んでみたら、すごい加工を生み出すことも出来るかも?

【関連記事】

インスタ映えするセンス良い画像が作れる♡ 加工アプリ「PicsArt」のリミックス機能が超楽しい!
SNSで流行りの「#インスタ風加工」をキャッチ!簡単にできる加工のHow Toを紹介♡
2017年に流行るインスタの加工は?標準編集機能でする加工の仕方をご紹介♡

関連記事