isuta

iPhoneの設定・使い方音楽、映画、アプリ、LINEスタンプも買える!コンビニで売ってるiTunes Cardの使い方

音楽、映画、アプリ、LINEスタンプも買える!コンビニで売ってるiTunes Cardの使い方

iPhoneの設定・使い方

2017/07/18
iphonegirlisuta編集部(スマホ)


この記事のINDEX

コンビニでよく見かける「iTunesカード」は、クレジット登録をしたくないけど、たまに有料のアプリや音楽も買いたい! と思っている人に便利なカード何ですよ♩

コンビニでiTunesカードを購入

まずはコンビニでiTunesカードを購入します。カードにはそれぞれチャージされる金額が書かれているのですが、種類としては

  • 1500円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円

となっています。

今回わたしが買ったのは、1500円チャージができるiTunesカード。購入は他の商品と買うのと同じように、レジで決済をします。

ちなみに金額が「1500円〜50000円」と書かれているカードは「バリアブルカード」と呼ばれていて、レジで購入する時に希望のチャージ額を伝えるというもの。チャージ金額を刻むことができるので、人によってはこちらの方が使い勝手が良いかもしれませんね。

iTunesカードのコードを読み取る

購入が済んだら、カードの裏側に書かれているコードを読み取り、金額をチャージします。

今回は「iTunesカード」を購入したので、「iTunes Store」アプリを開きます。(紫色で音符のマークが描かれているアプリです)

アプリを開いたら一番下までスクロールをすると、「コードを使う」をタップ。iTunes Storeにサインインし、コードをカメラで読み取るか、キーボードで入力しましょう。

アプリも音楽もLINEスタンプも買える

iTunes Storeでは主に音楽や映画などを購入することができますが、iTunes Storeでのチャージ額は自動的にApp Storeに反映されるので、アプリも購入可能。

さらにはLINEスタンプを買う時のLINEコインのチャージも、iTunes Storeのチャージ額からひかれます♩

これならApp StoreやiTunes Store、LINEでの使いすぎを簡単に防ぐことができそう!

チャージ残額はこまめにチェックしてくださいね☆

【関連記事】
LINEの有料スタンプってどう買うの?コンビニで売ってる「LINE プリペイドカード」を使った買い方

関連記事