iPhone設定・使い方・Tips たいせつな写真はiCloud経由で自動的にパソコンにバックアップしましょう♪

たいせつな写真はiCloud経由で自動的にパソコンにバックアップしましょう♪

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



iPhoneで撮影した写真やスクリーンショットが多くなってくると、バックアップをとっておきたくなります。

たいせつな想い出の写真となればなおさらですよね☆

iPhoneをケーブルでパソコンにつなげれば、外付けドライブとして写真データだけは簡単にコピーすることができます。

ですが、バックアップをとるためにいちいち接続するのも面倒な話。

そこで今回は、iCloudを経由して自動的にパソコンに写真データをバックアップする方法をご紹介します。

※Wi-Fi環境が必要なのでご注意ください。

何はともあれ、まずは写真データがiCloudに保存されるようにしなければなりません。

[設定]→[写真とカメラ]から、[自分のフォトストリーム]をオンにしましょう。

Wi-Fiに接続されているときに、自動的に新しい写真がiCloudにアップロードされるようになります。

iPhone側の設定はこれだけですよ!

次はパソコン側の設定。
コントロールパネルからiCloudコントロールパネルを開きます。

[写真]の項目にチェックを入れて、必要ならば[オプション]も設定。

自分のフォトストリームと共有フォトストリームのどちらか、あるいは両方を選んで同期させることができます。

エクスプローラーに「iCloudフォト」という項目が追加されました。

パソコンを起動してネットに接続した際に、自動的にiCloud上の写真データをダウンロードしてくれます。

iPhoneを接続したり、いちいち何か操作する必要がないので、とってもラクチンですよ☆

iCloudのフォトストリームでは写真データは1,000件までしか保存されず、古いデータは消されてしまいますが、こうしてパソコンにバックアップしておけば安心ですね。

なお、フォトストリームから写真を削除しても、一度パソコンにダウンロードしたデータが削除されることはないのでご安心ください。


あなたにおすすめ