占い かに座 2017.2.20〜2017.2.26 の運勢

かに座 2017.2.20〜2017.2.26 の運勢

HOROSCOPE



かに座

6/22~7/22 | 占い師 : SUGAR

『空と海を見つける』

春一番が吹くとき

今週のかに座は、春一番の歌をうたう鳥のよう。あるいは、自分を安定させる新しい基盤を見つけていくような星周り。

おそらく鳥は、歌をうたおうとして歌をつくっている訳ではなくて、生きているという事実に対する魂のいきいきとした実感がそのまま歌になっているのでしょう。できるだけ余計なことをせず、直面していく状況にシンプルに、ダイレクトに対処対応していくこと。

また、心配やおせっかいを口に出すことで不必要に事態を複雑にするのではなく、問題が起こればただそれを大事にしつつ流れに任せておくこと。そうした「鳥のごとき態度」がゆるぎないものとなっていくとき、あなたの中を心地よい春一番が吹き去っていくはずです。

鳥は孤立などしない

鳥と自然、あるいは鳥と鳥との関係というものを考えていくとき、おそらくそれは、人間が「絆」と言う時のそれとはまったく異なるものでしょう。

人間がひとりでいれば、それは「孤立」しているからで、橋をかけて同じ価値観でつながった陸続きにしてしまおうという訳ですが、こんな橋をかけられたらおしまいです。絆なんてつくらないほうがマシ。

鳥であれば、そのあいだにある空や海を見つけよう、ということのほうが大事なのであって、後はときどき止まれる木の枝があれば十分。橋をつくられてしまえば自由に飛びまわる空は奪われ、すべてをやさしく飲み込んでくれる海も閉ざされてしまいます。自然の中にある限り、鳥は「孤立」など決してしない。

今週のキーワード

絆なんかつくってはいけない

はましゃか