isuta

占い

今週の運勢 おうし座の占い

HOROSCOPE



おうし座

4/20~5/20| 占い師 : SUGAR

動のなかの静を深める

インド音楽と西洋音楽

今週のおうし座は、インドのラーガ音楽のごとし。すなわち、何か仕事の成果だとか分かりやすい基準で自分や人生を量ろうとするのではなく、もっと「無」ということへと自分を開いていくような星回り。

西洋音楽の基礎を築いたバッハやグレゴリア聖歌のように、西洋の芸術というのはひとつひとつの音や意味を片っ端から組織してしまおうとするところがありますが、その点、インドのラーガ音楽は異なった音を同時に重ね合わせるハーモニー(和音)という考え方がなく、何もない「無」からほわーんと音が浮かんできて、まるで多島海のように一個一個が独立してそこに置かれていく印象を受けます。

そうして音がどこかからか浮かびあがってきては、また沈み込むように消えていくんです。

普通の人は、意味や文脈を失うまいと、ひとつ残らず橋をかけてがっちりとつなげていくために、エゴはますます強化され、煩悩は増し執着も深まっていくのですが、今のあなたはそれとは逆のベクトルへと自らを促していこうとしているように思います。

つまり、自分の個性だったり、キャリアや実績といったものを「無」のなかにすっかり溶かし込んでいくことで、これまで獲得したものを惜しげもなくデリートしては、その行為を通して通常の‟橋”とは異なるもっと別の通路や回路を開いていくような。

今週は目に見えるモノや確かな繋がりのもっと根元にあるものと繋がって、そこで循環していくイメージを大切にされてください。

生き生きと無に通じる

蛇が「死せる英雄」の象徴であるならば、牡牛は「生きた英雄」の象徴です。牛の角は太陽の弓を示し、そうして光の矢を放つ牡牛は、自然のもたらす豊穣がそのまま形をとった生命体として古来より神聖視されてきました。

今週のあなたは、それを「財や豊かさの貯蓄や所有」という静的なやり方とは対照をなす、「出し惜しみない大盤振る舞い」というきわめて動的で仕方で改めて自らの存在を実感しようとしているのだと言えます。

積み重ねた実績も信頼も、惜しみなく無へと放下し、すっかり空っぽにしてしまいしょう。あなた自身が荒れ狂う闘牛となってすべての持てる力やエネルギーを見ている者たちへ向けて解き放つとき、逆説的ではありますが、あなたは新たな力を手に入れるはず。

今週のキーワード

牛から闘牛へ

まついなつきさんが占う恋愛の運勢(無料)はこちらから!

過去に占ったおうし座の運勢一覧を見る
はましゃか

最新情報をLINEで受け取ろう!

友だち追加数
その他の星座の運勢