iPhone設定・使い方・Tips 暗い場所や明るすぎる場所で画面を見る時、明るさ調節をせずに表示を見やすくする方法☆

暗い場所や明るすぎる場所で画面を見る時、明るさ調節をせずに表示を見やすくする方法☆

iPhone設定・使い方・Tips

tomo



暗い場所や明るい場所で画面を見る時、見にくい…なんて事はありませんか?「そんな時は設定から画面の明るさを調整してますよ」という方は意外と多いようですね。

しかし、普通の場所に戻った時に、再度明るさを調整し直すのも面倒ですよね。

実はそんな面倒な作業をしなくても、簡単に画面をほどよく見る事ができる小技があるんです!今回はその小技をご紹介します♪

設定方法から説明します。

「設定」→「一般」

→「アクセシビリティ」→「ホームをトリプルクリック」

→「色を反転」でOKです。

あとは、明るい場所や暗い場所で画面が見にくいと感じた時に、「ホームボタンをトリプルクリック(3回クリック)」しましょう。

すると画面の色が反転し文字が見やすくなります。

写真の色も反転しネガのように見えてしまいますが、再度トリプルクリックすると通常の画面に戻ります。これなら、明るさを設定する手間が省けて便利ですよ☆

是非、設定してみてくださいね。


関連記事