私の“好き”にウソをつかない。
HOME無料アプリ自分だけど自分じゃないみたい…。写真を絵画風にアレンジできるアプリ「AI画伯」は、顔隠し加工にもぴったり

自分だけど自分じゃないみたい…。写真を絵画風にアレンジできるアプリ「AI画伯」は、顔隠し加工にもぴったり

無料アプリ

2021/03/18
Yano Sara

自分だけど自分じゃないみたい…。写真を絵画風にアレンジできるアプリ「AI画伯」は、顔隠し加工にもぴったり

INDEX

顔写真を肖像画のよう変換できるアプリ「AI画伯」。

まるで著名な画家に描いてもらったかのような、リアルな仕上がりが楽しめますよ。

出来上がった画像を加工アプリで切り貼りすれば、顔隠しのアイテムとしても活躍してくれそう!早速その詳細をご紹介します。

顔写真が肖像画風に変換されるアプリ「AI画伯」

AI画伯の使い方はとっても簡単。アプリを開いたら、カメラの枠に顔を合わせて撮影するか、左下の画像マークで顔が写った写真を選んでください。

数秒後には、画家が描いたような肖像画が表示されます。

このアプリの魅力は、さまざな時代の作風から仕上がりを選べるところ。バロック時代では髪色が白っぽく描かれたり、印象派だとモネのような柔らかな印象に仕上がったりしますよ。

ちなみに全身が写った写真を選択した場合でも、完成する画像は顔まわりのみとなります。

顔を隠したい時にも使えちゃう

AI画伯で保存した画像を切り取って写真に重ねれば、顔を隠す加工のように使うことも…。

この加工には「PicsArt」のアプリを利用しました。

元の写真に、〈画像の追加〉でAI画伯の絵画画像を重ねます。

次に、〈切り抜き〉ボタンで絵画側の画像を一部分切り取ります。

少し角度をつけて切り取ってみるのもおすすめ!

顔のパーツ部分に重ねれば完成です。

自分だけど自分じゃないような、不思議な写真ができあがるので、ぜひこの加工にも挑戦してみてくださいね。

関連記事

【ストーリー加工】卒業シーズンのエモめな写真にもぴったり!画像に歌詞を表示させる“リリック加工”はトライした?
自分だけのネオンサインを作成できるアプリが最高すぎ。写真がキュートにもムーディにも仕上がるんです
【ストーリー加工】卒業式シーズンに使いたいGIFスタンプ&エフェクト。袴姿にぴったりな和柄スタンプもご紹介