isuta

無料アプリ写真がシンプルすぎ?そんな時は「PicsArt」でカラーエフェクトやドットを足してアーティスティックに仕上げちゃお♡

写真がシンプルすぎ?そんな時は「PicsArt」でカラーエフェクトやドットを足してアーティスティックに仕上げちゃお♡

無料アプリ

2020/11/21
Yano Sara


写真がシンプルすぎ?そんな時は「PicsArt」でカラーエフェクトやドットを足してアーティスティックに仕上げちゃお♡

この記事のINDEX

秋は外出するのが楽しい季節♩

お出かけ先での撮影機会も増えがちですが、あとで写真を見返してみるとちょっと殺風景?なんていうショットもあったりしますよね。

そんな時は加工アプリ「PicsArt」を使って、カラーエフェクトで部分的に色をつけたり、大きめのドットをプラスしてみると雰囲気が変わるかも!?早速詳細をご紹介します。

部分カラーでアートな仕上がりに♩

1つ目にピックアップするのは、写真にカラーフィルターのような加工を行うテクニック。

画像を準備できたら下部の「ツール」をタップします。次にメニューの中から「選択」を選んでください。

色をつけたい部分をドラッグで四角く選びます♩

そして、上部に表示された「エフェクト」を押してください。

「カラー化」をタップして選択部分に色をつけます。

もう1度「カラー化」を押すことで、色合いを変更することも♡

対角線上に加工をもう1つプラスしてみるのがおすすめですよ。

カラーアクセントのおかげで、何気ないシーンの写真もアーティスティックな仕上がりにできました!

マットなドットでおしゃれ加工

次にご紹介するのはドット加工です。

「ペイント」機能を使って、写真に大胆なドットを足して行きますよ。

ペイント内にある図形マークをタップ。丸型を選択します。

左下の虹色マークで色を選択してくださいね。今回はシンプルに白のドットで加工を進めます。

あとは好きな場所にドットを配置していくだけでOK!大きさを変えて足していくのが、おしゃれに仕上げるポイントですよ。

今回は左側のテーブルにあったメニュー表もドットでうまく隠すことができ、一石二鳥の加工となりました◎

アーティスト草間彌生さんの作品のように、ドットをたくさん登場させるのもありかも!?

ちょっと寂しげな写真には、色や柄をプラス加工してみるのがおすすめです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

【関連記事】

PicsArtで作る秋っぽ加工♡黄昏時のはかなさをレイヤー機能で手軽に再現できちゃうんです
私専用の“カラーパレット”を作っちゃお♩ストーリーのスポイトで抽出すればでいつでも色の再現が可能に♡
手書き文字派におすすめ!ブラシツールが豊富なペイントアプリならこだわりの手書き文字が書けるんです♡

関連記事