isuta

SNS【Twitter】快適なSNS環境は自分で整えよう。ツイートのリプライ「非表示」や「コントロール」機能は使った?

【Twitter】快適なSNS環境は自分で整えよう。ツイートのリプライ「非表示」や「コントロール」機能は使った?

SNS

2020/02/28
Yano Sara


【Twitter】快適なSNS環境は自分で整えよう。ツイートのリプライ「非表示」や「コントロール」機能は使った?

この記事のINDEX

様々な情報や意見が飛び交うSNSの世界では、時に見知らぬ人からの不快なメッセージで辛い思いをしたという人もいるのでは?

そんな中Twitterでは、リプライにまつわる機能を充実させることで、投稿者が安心してツイートできるような取り組みを行なっています。

不適切なリプライは非表示にできる♩

昨年11月より正式に導入された、リプライを「非表示」にする機能を使えば、快適にTwitterを利用できそう!

話題を脱線させてしまうようなリプライがあったら、非表示にしたいリプライの右側にあるメニューボタンをタップ♩

次にメニューから「返信を非表示にする」を選んでください。

最後にブロックするかどうか聞かれますが、必要がなければ「いいえ」を選択すればリプライの非表示だけが有効になりますよ♡

非表示になったリプライは、右下に表示されるアイコンをワンタップすることで、全てのユーザーが非表示のリプライを読んだり、それにリアクションすることができます。

詳細はTwitterの公式サイトでもチェックしてみくださいね。

返信できる相手を複数の選択肢から設定可能に♩

Twitterの公式アカウントでは、2020年初頭にリプライの「コントロール」機能のテストを開始する予定と発表しています。

リプライのコントロール機能では、投稿者が返信できる相手を複数のパターンから選べるというもの。

1、「Global(誰でもリプライ可能)」
2、「Group(フォローしているユーザーのみ)」
3、「Statement(誰もリプライできない)」 など

投稿者がより細かく設定できるようになることで、開かれた議論の場でありながらも、より安心で快適に使えるSNSとなりそうですね♩

【関連記事】

【Twitter】撮影したLIve PhotosがGIF画像としてツイートできるようになりました♡
【Twitter】気になる話題のツイートを逃さずチェックできる新機能「トピックフォロー」が登場します♩
【Twitter】新しく写真や動画つきのコメントがリツイートできる新機能が登場♡

関連記事