isuta

iPhoneの設定・使い方iOS 13の新機能、何が変わったの?目に優しい「ダークモード」への切り替え方

iOS 13の新機能、何が変わったの?目に優しい「ダークモード」への切り替え方

iPhoneの設定・使い方

2019/09/25
園部まり子mariko


iOS 13の新機能、何が変わったの?目に優しい「ダークモード」への切り替え方

この記事のINDEX

先日、iOS 13が正式にリリースされました!

変更された部分も多くあり、iPhoneユーザーの間でも何かと話題になっていますよね。

今回は、そんなiOS 13の新機能の中でも、がっつり変わったと言われている「ダークモード」について、その設定方法をご紹介します♩

ダークモードって何?メリットは?

ダークモードのメリットは主に2つ。

目が疲れにくくなる
省エネになる

確かに今までの白い画面では明るすぎて、目が覚めてしまうことも時々ありました。

夜、暗い部屋で携帯を見るときに、ダークモードにしておくと、周りの暗さと携帯の明るさの差がなくなり、目への刺激が抑えられます。

そして最大のメリットといえば、バッテリーが長持ちするということではないでしょうか?

ディスプレイの明るさで、バッテリーの持ちがかなり変わるそうなので、これはダークモードを普段から取り入れた方がよさそうですね!

ダークモードに変更する方法

設定アプリを開き、「設定」→「画面表示と明るさ」と進んでいくと、ライト画面の表示とダーク画面の表示がでてきます。

現在の画面は、チェックの入っている「ライト」モードです。

「ダークモード」にする際は、「ダーク」にチェックを入れると切り替わります。

「ダーク」を選択すると、画面のバックが黒くなりました。これで「ダークモード」の設定は完了です♩

「ダークモード」は時間設定しておくと便利

毎回手動でセットするのが面倒な場合は、時間で自動で切り替わるように設定しておくと便利です。

「Night Shift」を選択すると、時間設定と色温度を調節できます。就寝時間、起床時間に合わせて設定するのがおすすめですよ♩

壁紙も「ダークモード」にしておこう

また、「ダークモード」機能に合わせて、壁紙も「ダークモード」に切り替えられる壁紙が登場しました!

「設定」→「壁紙を選択」→「静止画」へ進んでいくと、画像のようなアイコンが表示されている壁紙があります。

この壁紙を選択すると、「ダークモード」に変更ができますよ♩

「ダークモード」に連動するアプリも増加中

その他にも、「ダークモード」に連動できるアプリも増えてきています。

MAPアプリも、「ダークモード」中にアプリを開くと自動的に夜間モードになりますし、「Twitter」もiOS 13をインストールすると、自動的に「ダークモード」対応バージョンに変わります。

InstagramやFacebookはまだ対応していないようですが、今後多くのアプリでも「ダークモード」対応が可能になっていきそうな予感♩

目にも、携帯にも優しいダークモード、まだ使っていない方はこの機会にぜひ試してみては?

iOS 13のセキュリティに関するアップデートはこちら
▶︎【iOS 13】セキュリティについて知りたい7つのこと。

【関連記事】

インスタ投稿“秘密の場所”ってどこ?オリジナルの位置情報タグの作り方♡
【iOS 13】セキュリティについて知りたい7つのこと。
AirDropは通信制限に関係なく使える♩簡単な設定方法と表示名の変更方法を教えます!

関連記事