isuta

iPhoneの設定・使い方【iOS 13】セキュリティについて知りたい7つのこと。

【iOS 13】セキュリティについて知りたい7つのこと。

iPhoneの設定・使い方

2019/08/30
iphonegirlisuta編集部(スマホ)


【iOS 13】セキュリティについて知りたい7つのこと。

この記事のINDEX

今秋、提供開始予定の「iOS 13」では、様々な機能や大幅にアップデートされ、よりiPhoneを快適に使えるようになります。

けれど、快適さが高まると気になってくるのはセキュリティ面ですよね。

たくさんの個人的な情報を扱うiPhoneやiPad、Macだからこそ知りたい、iOS 13のセキュリティやプライバシーの安全性について知りたい7つのこと

アプリ使用時のプライバシーって?

iOS 13では、そんなアプリ使用時の不安や疑問点を解決してくれるような機能が実現します♩

(1)位置情報の使用には許可が必要に

iOS 13から、アプリを起動させるごとに位置情報の使用を許可するかどうかが選択できるようになります。プライバシーが気になる人には嬉しい機能ですね♩

(2)バックグラウンドで追跡してくるアプリを通知

使用していない時も位置情報を追跡しているアプリについて。今後はバックグラウンドで追跡してくるアプリをアラートで知らせ、追跡の許可/拒否も選べるようになるのだとか!

(3)Bluetoothへの接続も保護

さらに、一部アプリのBluetoothへの接続もユーザーの許可なしには不可能になります。

どのアプリが現在Bluetoothへ接続しているのか、設定のコントロールもできるようになるのだから、プライバシーの保護はかなり強化されたと言えそうです♡

Apple IDでサインインが可能になる

iOS 13から、アプリやウェブサイトへのログインにApple IDが使用できるようになりますが、これはもっとも便利で、またもっとも不安な点でもありますね。その点についても強力なセキュリティ機能が作動します。

ランダムメアドを生成できる

例えばApple IDを使用してサインインをしようとしてメアドを求められた際は、そのサービスに対してランダムメールアドレスを作ることができ、その情報がサービス提供者に送信される。そのため、個人のアドレスの流出を防ぐことができるのです。

全てのプラットフォームで利用可能

この機能はiPhone以外にAndroidやWebでも適用されるとのこと!

これでSNSへのログインができない、というトラブルもなくなりそう♩

オフラインのデバイスも探せる

「iPhoneを探す」と「友だちを探す」という機能がひとつに。これにより、オフライン状態のデバイスも見つけられるようになるのだそう!

例えば、閉じられたMacBookは見つけ出すのが困難でしたが、Bluetoothさえオンになっていれば、PINを通じて周囲にあるAppleデバイスに暗号化されたカギが中継され、デバイスの位置を把握可能

カギは暗号化されているうえ周囲のAppleデバイスにのみ発信されるので、Appleはその情報にノータッチ。プライバシーは保護されます♩

【Safari】トラッカーの防止機能

基礎アプリであるSafari(サファリ)でも、プライバシー保護が強化されています。

他社トラッカーが組み込まれたページを閲覧した際のトラッカーからの追跡を防止する機能を実現したのだとか!

Safariの設定画面からON/OFFの切り替えが可能ですが、デフォルトではONになっています♩

【メッセージ】内容の暗号化は“iPhone上で”

インターネット上のやりとりがどんどん増え続ける今だからこそ気になる、メッセージのセキュリティ。

青の吹き出しで行われるiMessageFace Timeに関して、デバイス上で暗号化し転送されるメッセージのカギは受信者のみに送られるため、誰ものぞくことはできません。

キーボード上の学習も、外のサーバーは通さずデバイス上で行われているので安心して使えます♩

【写真】iPhone上で機能が完結

メッセージ同様、写真アプリで使える機能も全てサーバーを通しません。(iCloudはまた別です)

写真の共有や過去の写真の提案機能、誰とどこでいつ何があったのかが探せるモーメントなど、写真のアプリ上で使える全機能が、iPhone上だけで処理されています。

新しいエンジンを開発したことにより、iPhoneやiPad上で実現可能になりました!

【Apple Pay】

今後ますます需要が高まるApple Pay。取引の情報の扱いがどうなっているのかと言うと…

(1)番号は送信されない
(2)デバイス内にも蓄積されない
(3)購入時に随時カギが生成される

こちらも安全性やプライバシーを考慮し、セキュリティを強化。

透明性とコントロールをユーザー側に

以前からApple製品使用時の安全性の高く、またユーザーの情報はデータとして蓄積されていませんでしたが、今回のiOS 13ではその透明性が増し、また情報のコントロールに関してもかなりの部分がユーザーに委ねられます。

これからもiPhoneやiPadなどの製品がユーザーにとって安全で、そして頼れる相棒であり続けるために、セキュリティやプライバシーの保護について知りたいことは学べたでしょうか?

これでますます、今秋提供開始のiOS 13が待ち遠しくなりましたね♩

Apple-iOS 13
https://www.apple.com/jp/ios/ios-13-preview/

【関連記事】

どんな新機能が追加されるの?今秋リリース予定のより早く、より新しくなった「iOS 13」の中身をまとめてご紹介!
iPad専用の「iPadOS」が今秋いよいよ登場!画面の大きさを存分に生かしたiPad独自の機能が追加されてiPadユーザーが増える予感♩
新型iPod touch開封レビュー!重さ88gでガジェット感ひかえめ、片手にすっぽりおさまるサイズ感がかわいい♡

関連記事