isuta

iPhoneの設定・使い方【iPhoneの使い方】暑い日にはご用心!iPhone画面に「高温注意」が表示される理由やその対処法をご紹介♡

【iPhoneの使い方】暑い日にはご用心!iPhone画面に「高温注意」が表示される理由やその対処法をご紹介♡

iPhoneの設定・使い方

2019/07/26
Yano Sara


【iPhoneの使い方】暑い日にはご用心!iPhone画面に「高温注意」が表示される理由やその対処法をご紹介♡

この記事のINDEX

そろそろ暑い夏がやってきますが、iPhoneはデバイスの周囲の温度が0℃〜35℃の間で利用することが推奨されているって知っていますか?

上限温度を超えた環境にさらされ続けると、動作が遅くなったり、iPhoneに警告メッセージが表示される場合があるので、その際の対処法などをご紹介します♩

高低温な場所で使うとどうなるの?

iPhone本体自体は、−20℃〜45℃の環境下で利用することができますが、0℃〜35℃より温度が低過ぎたり、高過ぎる場所ではバッテリーの消耗が早まるなど、iPhoneが通常通りのパフォーマンスを行うことが難しくなるそう。

また暑い場所や直射日光下で、位置情報を使ったスマホゲームや、ARアプリなどを長時間にわたって使い続けたりすると、本体が熱を帯びiPhoneの機能に以下のような影響がでる可能性があるそうです。

  • 充電 (ワイヤレスを含む) が遅くなる、停止する。
  • ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる。
  • 携帯電話無線が低電力モードになり、電波が弱くなることがある。
  • カメラのフラッシュが一時的に無効になる。
  • グラフィックを多用する App や機能、拡張現実対応の App や機能でパフォーマンスが低下する。

温度警告が表示されたらどうしたらいいの? 

想定以上にデバイスが熱をもってしまった場合、iPhoneの温度を下げる警告がでます。

画像元:Apple

デバイスが上限温度を超えてしまうと、「温度警告」メッセージが表示されます!

この場合すぐに電源を切り、iPhoneを涼しい空間に持っていきデバイスの温度が下がるのを待ちましょう。

スマホカバーを装着している場合、外すことで温度が下がりやすくもなるそうですよ♩

夏場に駐車場にとめた車の中は60〜70℃にもなるそうで、車内にiPhoneを置き忘れて「温度警告」の表示を経験してしまった人も多いみたいなので、車に乗る方は気をつけてくださいね♡

気になる方は、Appleのサイトで詳細をチェックしてくださいね。

【関連記事】

iPhoneで写真を撮る時に知ってると便利!旅先でも使いたくなる便利な操作方法5選♡
【iPhoneの使い方】知らなかった便利機能が見つかるかも?AppleがiPhoneの機能をまとめたページを公開中♡
【iPhoneの使い方】人の絵文字の肌色変更の方法!2019年には59種類の新絵文字が追加予定なのだとか♩

関連記事