isuta

ガジェットスマホに水がかかっても大丈夫な「ウォータープルーフスマホケース」♩浮いたり、光ったり、衝撃から守れるものも

スマホに水がかかっても大丈夫な「ウォータープルーフスマホケース」♩浮いたり、光ったり、衝撃から守れるものも

ガジェット

2019/06/22
Yano Sara


スマホに水がかかっても大丈夫な「ウォータープルーフスマホケース」♩浮いたり、光ったり、衝撃から守れるものも

画像元:Hamee

この記事のINDEX

そろそろ夏休みの予定が気になり始めている人もいるのでは?

夏といえば海やプールなど、水辺で遊ぶことも多くなりがちですが、そんな場面でスマホを水没から守ってくれる「ウォータープルーフスマホケース」を使うのがおすすめ♡

プールなどで写真を撮ってる時に、うっかりスマホが落下なんていうアクシデントの前に、防水対応しておけば水や砂を気にせず思いっきり遊べそうですね。

水に浮かぶウォータープルーフスマホケース♩

まずは、ケース周りに空気が入っていることで、浮き輪のように水に浮かび、水の侵入も防げるタイプの防水スマホケースをご紹介します。

スイムウェアブランド「Lepidos(レピドス)」の防水ケース

画像元:UNITED ARROWS

UNITED ARROWSの水着ブランド”Lepidos”の「ウォータープルーフ スマートフォンケース(税込2,970円)」は、ビーチで映えそうなビビットカラー3デザインが新作として登場!

ケースに入れたままで、画面操作写真撮影通話ができちゃいます♩

画像元:UNITED ARROWS

着脱できるネオンカラーのネックストラップも付いているので、使わないときは首からかけておけて便利そう。

画像元:UNITED ARROWS

こちらのケースは5.8インチ画面のスマホが対応となっているので、サイズ的にiPhone XR、iPhone XS Maxは対応外となりそうなのでご注意ください!

暗闇で光る!防水ケース

画像元:Hamee

トロピカルなデザインが夏にぴったりな「DIVAID patterns フローティング防水ケース蓄光(税込2,376円)」。

こちらのケースでは、縦約16cm×横約8cm以下のスマホが収納できます。

画像元:Hamee

このケースの特徴は何と言っても、太陽やライトの光を浴びた後に暗い場所に行くと、光る仕組みになっているところ!

日が暮れた海やプールで、可愛く目立てそうですね。

シンプルデザインならコレ! 

画像元:Hamee

彼とお揃いで持ちたい人などにおすすめなのが、シンプルな単色のケース「DIVAID フローティング防水ケース(1,944円)」。

カラーはブラックホワイトピンクの3色です。

画像元:Hamee

水深20mで、30分の防水が可能だそうなので水辺でも安心に使え、海の大敵“砂”からもスマホをプロテクトしてくれる優秀なアイテムなんです。

耐水温度−10℃〜45℃なので、お風呂で日常使いしてみてもいいかも!

防水+衝撃からも守れるiPhoneケース♩ 

アウトドアやマリンスポーツなど、よりさまざまな環境で安心して使うことができるのが完全防水型のiPhoneケース。

画像元:Hamee

ポーチタイプではなく、iPhoneケース型の防水ケース「catalyst カタリスト 防水iPhoneケース  iPhone 7/8対応(税込12,420円)」は、水だけでなく衝撃からもiPhoneをしっかり守ってくれますよ♩

画像元:Hamee

防水ケースを装着していても、iPhoneの全機能が利用できるのが嬉しいですね。

また、ケースを装着したままでも充電が可能。梅雨の季節や、ゲリラ豪雨など、土砂降りの雨に遭遇しても安心してスマホを使えそう♩

iPhoneに防水ケースを装着して、夏の遊びを満喫してくださいね♩

【関連記事】

ダイビングでも使ちゃう♡iPhoneをアクションカメラに変身させる防水ケースがこの夏活躍してくれそうな予感!
これ108円で買えちゃうの?ダイソー、キャンドゥ、セリアで見つけた優秀スマホグッズ厳選7点をご紹介♡
海やプールで写真を撮りたい人におすすめ。水に浮かぶ「フローティング防水ケース」はこの夏活躍してくれそう♡

関連記事