isuta

アプリ日本発の『emoji』の原点はここにあった!なつかしのあの絵文字を書籍化するプロジェクトがKickstarterにて開始

日本発の『emoji』の原点はここにあった!なつかしのあの絵文字を書籍化するプロジェクトがKickstarterにて開始

アプリ

2018/05/29
mikishiroみきしろ


日本発の『emoji』の原点はここにあった!なつかしのあの絵文字を書籍化するプロジェクトがKickstarterにて開始

画像元:Standards Manual

この記事のINDEX

今や世界共通語となったemoji(絵文字)

言葉を使わずに感情や意味を表現できるピクトグラムとして、iOSやAndroidを問わずに広く普及し、その表現もよりリッチで精細なものなっています。

そして今回、クラウドファンディングのKickstarterにて、1999年にNTT DOCOMOからリリースされた原初の絵文字176個をハードカバーの書籍にしようというプロジェクトが始まりました♩

絵文字176個を後世に残るアートとしての書籍に

画像元:Standards Manual

今では表現もすっかりリッチになり、その数も膨大なものになりつつあるemojiですが。

最初の絵文字は、1999年にNTT DOCOMOからリリースされた176個のシンプルなものでした。

画像元:Standards Manual

デザインしたのは、当時若干25歳だったNTT DOCOMOの栗田穣崇さん。

画像元:Standards Manual

わずか12×12ドットの小さなサイズで描かれた絵文字はしかし、言葉を使わずに感情を表現できるツールとしてあっという間に人々の間に広がりました。

今や国も言葉も人種も越えて普遍的に使われるツールになっていますから、これは本当にすごいことですよね!

画像元:Standards Manual

そんな原初の絵文字の歴史をハードカバーの書籍にしようというのが今回のプロジェクト。

書籍のタイトルは、『emoji(絵文字)』というもの。

176個の絵文字に加えて、デザイナーである栗田さんの紹介、さらに近代美術館のパオラ・アントネッリ氏とポール・ギャロウェイ氏のエッセイも掲載されています。

画像元:Standards Manual

アートとしても、絵文字の歴史としても、そしてピクトグラムの何たるかを知るためにも、興味のある方には非常に価値のある書籍になるのではないでしょうか♩

プロジェクト協力者にはレトロでかわいいemojiスタンプが!

画像元:Standards Manual

そして、プロジェクトへの協力者(購入者)には、書籍に加えてiOS/Androidで使えるemojiスタンプも提供されます。

画像元:Standards Manual

最近の絵文字に比べるとレトロですが、逆にそれが新鮮でかわいいですね♡

画像元:Standards Manual

『emoji(絵文字)』プロジェクトはただいまクラウドファンディングのKickstarterにてキャンペーン中(残り3日!)で、75ドルから出資(購入)できますよ!

Emoji / Kickstarter
https://kck.st/2JHmfGd

【関連記事】

iOS 11.1で追加される絵文字は239個? 気になる絵文字をご紹介♡
自分の顔に合わせて絵文字が表情を変えるiPhone Xの“アニ文字”を使ってみた!
LINEの新機能「LINE絵文字」が登場!ハローキティやミッキーなど人気キャラクターの絵文字が新鮮でかわいい♡

関連記事