isuta

ガジェット撮影後のピント変更ができる!スティック型の360°アクションカメラ『QooCam』は多彩な機能の実力派♩
isuta GIRL

撮影後のピント変更ができる!スティック型の360°アクションカメラ『QooCam』は多彩な機能の実力派♩

ガジェット

2018/05/16
mikishiroみきしろ


撮影後のピント変更ができる!スティック型の360°アクションカメラ『QooCam』は多彩な機能の実力派♩

画像元:Kandao Team

この記事のINDEX

Insta360以降、注目を集めている360°カメラ。

そんな新しい形のアクションカメラ界に、後から自由にピントを合わせられる機能を持った『QooCam(クーカム)』が登場しました!

4K360°撮影ができるスティック型アクションカメラ

画像元:Kandao Team

QooCamは、4Kでの360°撮影ができるアクションカメラ

それ自体は珍しい存在ではなくなってきましたが、折り曲げ可能なスティックタイプというところがなかなか使いやすそう♩

画像元:Kandao Team

自撮りはもちろん、ヘルメットや自転車のハンドル、スケボーなどいろいろな場所に取り付けて、タフなアクションカメラとして使うこともできますよ!

撮影後のピント変更が自由にできる!

画像元:Kandao Team

4K360°カメラとしての基本的な機能においてはスタンダードですが、QooCamの最大の特徴として挙げられるであろう機能が、「リフォーカス」と呼ばれる機能。

これは、360°撮影の中で対象への被写界深度情報も保持することで、撮影後の映像に、アプリ上でピント変更ができる機能になります。

画像元:Kandao Team

実際にデモ画面を見てみると、まるでリアルタイムにピント合わせをしているみたい!

せっかく動画を撮影したのにピンボケでガッカリといったこともなく、QooCamならば安心してガンガン撮れそうですよね。

VR動画を撮影してVRゴーグルで楽しむこともできちゃう♩

画像元:Kandao Team

リトルプラネットなどの、一般的な360°カメラで撮影できるモードに加えて、QooCamにはもうひとつおもしろい機能も備わっています。

画像元:Kandao Team

それが、VR用の動画を撮影するモード

3DのVRの場合は全周の360°ではなく180°となるようですが、この動画を2眼VRゴーグルで見れば、より没入感と臨場感のある映像が楽しめます。

画像元:Kandao Team

さらに、360°でのスローモーション撮影など、かなり多彩な撮影ができる実力派。

4K360°カメラも、今やこうした付加価値で評価される段階に来たのかもしれませんね♡

画像元:Kandao Team

QooCamはただいまクラウドファンディングのKickstarterにてキャンペーン中で、299ドルから出資(購入)できます

Insta360と比べてもお手頃価格で手に入るので、気になる方はぜひチェックしてみましょう!

QooCam / Kickstarter
https://kck.st/2L3I4Bl

【関連記事】

不思議なおもしろ映像に話題沸騰!新発売の4K360°カメラ『Insta360 ONE』が超楽しそう♪
普通じゃ物足りない!日常のひとコマを映画のワンシーンに変えてくれるカメラ『Insta360 ONE』に興味深々♡
iPhoneが360°カメラに変身するクリップレンズ『Fusion Lens』でインスタ映え写真が狙えそう!

関連記事