isuta

写真 / ビデオ何度でも貼って剥がせる不思議なフォトプリントサービス『PIKLIP』がプリント好きにおすすめ♡

何度でも貼って剥がせる不思議なフォトプリントサービス『PIKLIP』がプリント好きにおすすめ♡

写真 / ビデオ

2018/01/24
mikishiroみきしろ


何度でも貼って剥がせる不思議なフォトプリントサービス『PIKLIP』がプリント好きにおすすめ♡

この記事のINDEX

紙に印刷された写真プリント。

スマホ画面でデータを見るのとは違った味わいがあることから、チェキのようなインスタントカメラや写真プリントサービスが好きな方も多いことでしょう。

今回ご紹介する『PIKLIP(ピクリップ)』は、プリント好きならば絶対にチェックしておきたい、何度でも貼って剥がせる不思議な素材のプリントサービス。

壁などに直接貼って好きなようにレイアウトできるので、インテリアとしても素敵な超おすすめなプリントサービスですよ♡

iPhoneアプリ開発者が挑む新サービス

画像元:PIKLIP

PIKLIPはサービスの名前であると同時に、そのために新しく起こされた会社の名前でもあります。

サービスを立ち上げたLeo Rivas(リオ・リーバス)さんは、じつは元々は個人でiPhoneアプリを開発しているクリエイター。

メモれる電卓として人気のある「FusionCalc」シリーズなどの開発者なので、読者の中にもお世話になっている方は多いのではないでしょうか。

ちなみに、私もFusionCalc2を愛用していて、その発想やUIの素晴らしさに感心した口です(^_^)

なお、Leo Rivasさんご本人は日本生まれのハワイ育ち、奥様も日本人なので、サービスは日本語に対応しています♪

β版サービスで実際にオーダーしてみました♪

PIKLIPは現在、正式サービスを控えたβ版の段階。

限定200名までβ版に参加できるとのことなので、さっそく実際にオーダーしてみました!

注文方法はいたってシンプルで、パソコンやスマホで公式サイトにアクセスして、プリントしたい写真を選ぶだけ。

プリントはスクエアサイズなので、元データがスクエアでない場合はトリミング指定も必要になります。

価格は5枚で5.99ドル(税・送料込み)

私が注文したときのレートだと676円だったので、1枚あたり約135円ということになります。

正式サービスでどのくらいの価格設定になるかはわかりませんが、5枚や10枚くらいならば気軽に注文できる価格帯になりそうですね♪

なお、さすがはiPhoneアプリ開発者だけあって、PIKLIPの決済はApple Payにも対応。クレジットカード情報の入力が不要なので、ものすごく楽ですよ(^_^)

マットな質感とややビビッドな色合いが素敵♡

注文から数日後、普通郵便でPIKLIPが届きました♪

発送元は岩手県宮古市。じつはこれ、印刷会社がこちらにあるんですね。

新サービス立ち上げに協力している宮古プリントさんとのやり取りについては、奥様のブログに詳しく書かれているのでそちらもぜひどうぞ!

封筒を開けると、切り抜きでPIKLIPのロゴが描かれた上が入っていて……。

そこに注文した写真がプリントされて収まっています。

細かい部分までおしゃれなのって嬉しいですよね♡

大きさは7.6cm四方の手の平サイズ。

表面はマットな質感にちょっとだけ絹目っぽい感じが加わった雰囲気で、光沢系のようなぺたつきは一切ありません。

今回はあえてフィルター加工などをしない素のままのデータを送ってみましたが、プリントされたものはスマホやPCの画面で見るのに比べると、ややビビッドかつレトロな感じに仕上がっています。

何度も貼って剥がせて自由度が高い!

PIKLIPを貼るには、まず裏面の台紙を剥がします。

なんだかシールっぽい印象が強いですが、実際には粘着成分は一切ありません。

あくまで、紙の素材自体が吸着力を持っているんですね。

それでいて、ご覧のようにデコボコした表面の壁にもピタッと貼れちゃいます(^_^)

貼りやすく剥がしやすい、まさに絶妙な吸着力と言えるのではないでしょうか。

世界中を飛び回ってようやく見つけた素材と言うだけあって、これまでにない感覚で写真プリントを貼ることができます。

何度でも貼ったり剥がしたりを繰り返せるので、たとえばこんな風に壁に貼っていたものを……。

その日の気分に応じてノートパソコンの天板などに貼り替えるのもOK!

表面がツルツルな方が吸着力は強くなるので、プラスチックケースやスチールロッカーの扉などに貼り付けると、よりしっかり付いてくれます。

プロダクトとしては、「何度でも貼って剥がせるフォトプリント」の一言で表現できてしまうかもしれませんが、実際に生活に入ってきたときのインパクトはかなりのもの。

たとえば、これまではプリントした写真というものは写真立てに入れて飾るのが一般的でしたが、場所を取ったり掃除がたいへんだったりとデメリットもありました。

その点、PIKLIPはいつでも好きなようにレイアウトして、壁やさまざまなオブジェクトを飾ることができます

場所はまったく取りませんし、ほこりが溜まることもありません。

この自由度の高さと使いやすさ、それとインテリアのような感覚は、いっぺん体験するとヤミツキになること間違いなし!

写真プリントが好きな方はもちろん、これまであまりプリントに興味がなかった方にも超オススメ。正式サービスの開始が待ち遠しいですね♪

PIKLIP(ピクリップ)
https://www.piklip.com

スタジオルーペ・個人iPhoneアプリ開発者のブログ
http://bit.ly/2G9rJbM

APPMAMA iPhoneアプリ開発者の妻のブログ
http://bit.ly/2DxtWMz

【関連記事】

プレゼントに良いかも!アーティストとコラボしたグッズが作れるプリントサービス『POJEE』を使ってみた♡
【体験レビュー】Instagramの写真をキャンバスにする『canvasgram』やってみました!
キャプションも入れられる♡ Instagram専用のプリントサービスがカメラのキタムラで開始!

関連記事