isuta

【粒子加工・虹加工・フィルム風アプリなど】2017年に流行った加工アプリと方法をまとめました♩

【粒子加工・虹加工・フィルム風アプリなど】2017年に流行った加工アプリと方法をまとめました♩

まとめ

anju


この記事のINDEX

11月も半ばに差し掛かり、もうすぐで2017年も終わりますね。

今年もインスタグラムやTwitterなどSNS上で色々な加工方法や加工アプリが流行りましたね!

今回はそんな加工方法やアプリを一つにまとめてご紹介します♡

ザラザラ(粒子)加工

2017年の夏頃に流行ったのが「ザラザラ(粒子)加工」。「VSCO」や「PicsArt」というアプリを使って、わざとザラついた質感の写真に加工するという方法です。

▽VSCOを使う場合

VSCOを使う場合は[粒子]というフィルターがあるので分かりやすい。スライダーを右にすれば、写真にザラつきをプラスすることができますよ!

▽PiscArtの場合

PicsArtの場合は、[エフェクト]→[アーティスティック]→[動き]で、ノイズのスライダーを右側に動かすと粒子が入りザラついた加工にすることができます。

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

インスタ風加工

韓国発の「インスタ風加工」も、一時期とても流行りましたね! 使うのはおなじみの加工アプリ「PicsArt」。

PicsArtで「インスタ風加工」の画像を作るには、まずインスタの枠の画像素材を保存する必要があります。

素材をゲットしたら、PicsArtでベースとなる画像を選択し、[写真を追加する]で画像素材を上から重ね、透過度を調整。するとインスタ風の加工が完成します♩

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

虹加工

空が写っている写真に、虹を加工する方法も流行りましたよね。使うのはCamera360という加工アプリ。

虹を加工で入れるには、加工したい写真を表示させ、[エフェクト]→[もっと]の順番でタップ。

[風景]にある[虹との出会い]をタップすると、色々なパターンで虹を加工できるエフェクトが表示されますよ♡

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

頭でっかち加工

この加工方法も、韓国発。Cymera(サイメラ)というアプリを使って、加工します。

 

 

サイメラを使って頭だけ大きく加工するには、[デコ]→[ポップ]→[Q]をタップ。

顔を選択する楕円の囲みが出るので、うまい具合に顔だけを囲んだら確定ボタン。すると顔がパッと大きくなるのです! 友だちの顔を大きくしたりして遊ぶのが楽しそう♩

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

フィルム(写ルンです)風加工

昨年からじわじわと使う人が多くなっていた写ルンですが、今年、完全に再燃しました!

そのタイミングで“フィルムっぽく撮れるカメラアプリ”にも、素晴らしいものがたくさん出て、とても人気になりましたよね♡

中でもあっという間に人気になったのは「Gudak Cam」という有料アプリ。韓国で人気に火がつき、日本のモデルや女優などに広まったアプリですね。

本物のフィルムカメラのように24枚撮りで、ファインダーもとても小さい。そして極め付けは、撮った写真が3日間(72時間)経たないと見られないという不便さ。この待っている間のワクワクも含めて、本物のフィルムカメラのように使えるんです!

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

写真の一部だけ動かす加工アプリ

Instagramを中心に流行ったのが、写真の一部だけ動かす加工アプリ「Plotagraph+」。

 

 

このような写真は通称「シネマグラフ」と呼ばれるのですが、アプリを使えば作るのはとっても簡単!

まずは[マスク]で動かしたくない場所を固定し、[アニメ化]で動きをつけていきます。この[アニメ化]の動きは細かく設定することができるので、細かくすればするほど、幻想的な写真に加工することができますよ♡

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

水彩画風加工

水彩画風の加工は、今までであれば敬遠されがちでしたが、今年流行った加工アプリ「PORTRA」は、“加工しすぎ感”が出ず、自然な仕上がりになるということで人気になりました。

使い方はとても簡単で、写真を選んだら22種類のフィルターを選ぶだけ。

あとは画像の範囲を微調整したり、鮮明度を調整したら完成。これだけで素敵な写真に加工されますよ♩

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

使っていないアプリはダウンロードしてみて!

他にも「ロック画面風加工」や「わちゃわちゃ加工」なども一時期話題になりましたね。

この中で使ったことがないアプリがあったら、ぜひダウンロードして使ってみてくださいね♩

(☆)この記事についているタグで検索する
#加工#流行り#まとめ#アプリ2017年

関連記事