isuta

写真から不要なものを消すレタッチアプリは何が使える? 同じ写真で徹底比較!

写真から不要なものを消すレタッチアプリは何が使える? 同じ写真で徹底比較!

まとめ

anju


この記事のINDEX

インスタ映えする写真に共通して言えるのは、余計なものが写っていないこと。

写したいものがだけ写っていると、すっきりした印象の、素敵な写真になるのだとか。

ということで今回は、余計に写り込んでしまっているものを消す“レタッチ”ができるアプリを比較してみました!

Adobe Photoshop Fix

多くの人がPCで使っているフォトショップのスマホアプリ。とにかく優秀とのことだったので、さっそく使ってみます。

フォトショップアプリは使う前に無料登録が必要になります。

登録をしたら写真を開いて、メニューにある[修復]をタップ。

ペンのサイズや硬さを調整したら、不要なものを消していきましょう!

不要なものを消す時は、ズームするとうまく消すことができると思います!

小さなものであれば、ぽんっと1回で消すことができ、ごく自然なレタッチができますよ♩

消してみるとこんな感じ。若干へこみが分かりますが、思っていたよりも自然に消せていますね。

ついでなので、後ろに見えている山の線も消してみます。

境界線が海と空なので、かなり自然に感じます。

最後に修正をした部分を中心にぼかしをかけたら完成です!

元からこんな写真だったような雰囲気ですよね♩

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

TouchRetouch

次にご紹介するのは、前にも使ってみた「TouchRetouch(タッチ レタッチ)」というレタッチアプリ。

こちらのアプリは有料ですが、会員登録などは不要です

写真を選んだら、オブジェクト除去、もしくはクイックリペアで不要なものを消していきましょう。

おすすめは[オブジェクト除去]。消したいものをしっかりと囲んで[GO]をタップして消すので、細かい作業ができるんです。

逆に[クイックリペア]は、塗ったところから不要なものが削除されていくので、細かい部分を消すのには不向きですね。

完成した写真はこんな感じ。オブジェクト除去で消してみたのですが、かなりガタガタとしているのが分かりますね。

ちなみにTouchRetouchにはぼかし機能がついていないので、別でぼかしをかける必要があります。

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

Photo Retouch

次は「Photo Retouch(フォト・レタッチ)」というアプリ。このアプリは初めて使ってみるのですが、どうでしょうか。

使い方はとてもシンプルで、下にあるメニューの一番左にある機能で、ものを消すことができます。

消したものを元に戻したい時は、その隣にある消しゴムを使い、ズームしたい時は真ん中の虫眼鏡のマークをタップします。

ペンのサイズは、一番右にある歯車のマークをタップすると変更することができました!

完成した写真がこちら。

オブジェクト除去の強弱を設定できず、全て“強”で消されてしまうので、かなり不自然な写真となってしまいました。

また写真を保存するには一度[Shar it]というボタンを押さなければならず、戸惑いました。

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

Easy Eraser

最後にご紹介するのが「Easy Eraser(イージー・イレイサー)」というレタッチアプリ。使っている人、多いのではないでしょうか。

こちらのアプリも使い方はとても簡単で、オブジェクトを除去するには[Brush]を選択し、[Perform Erase]をタップして実行する。

ペンの太さを変えることができないのが残念ですが、仕上がりはかなり自然!

続けてオブジェクトを除去するには[Keep]をタップします。

例のごとく遠くに写っている山も消してみると…

よく見ると削除しているのがバレてしまいますが、ぱっと見はとても自然。これにぼかしをかければ、もう少し加工しているのを誤魔化すことができそうですね♩

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

Snapseed

Instagramでフォロワーの多い芸能人やインスタグラマーも編集で使っているアプリ「Snapseed(スナップシード)」にも、レタッチ機能が付いています。

写真を選択したら画面下に表示されている[ツール]を選択、[シミ除去]を選びます。

ブラシサイズの変更ができないので、レタッチ時はズームが必須です。

指2本でグイーッとピンチインして、消したい部分を塗ると、すぐにレタッチが適用されます。

わりと綺麗に消せるのですが、レタッチした部分が気になる人は[レンズぼかし]を使うと良いでしょう。

ぼかしの強さが選べる他に、変化の緩やかさ、周辺減光の強さも調節できるので、レタッチした部分を自然にぼかすことができますよ!

完成した画像がこちら!

ぼかしを強めにかけたので、空と海の境目や、消してしまったオブジェクトがあった場所など、凝視しなければ特に気になりませんよね♩

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

優秀なレタッチアプリランキング

使ってみた感想としては、

  1. Adobe Photoshop Fix
  2. Snapseed
  3. Easy Eraser
  4. TouchRetouch
  5. Photo Retouch

の順番が、優秀で使えるなと感じました!

レタッチアプリを探している方は、参考にしてみてくださいね♩

(☆)この記事についているタグで検索してみる
#レタッチ#加工#比較#まとめ

【関連記事】

関連記事