isuta

写真 / ビデオ写真加工アプリ『VSCO』を使ったインスタで話題の青い写真を作る方法♡

写真加工アプリ『VSCO』を使ったインスタで話題の青い写真を作る方法♡

写真 / ビデオ

2017/10/29
a-osawa大澤藍


この記事のINDEX

 

クールな印象の青い写真は韓国のインスタグラマーを中心に人気があり、最近インスタでも見かけることが多くなりました♪

しかし、いざ作ってみようと思っても、青色フィルターに特化した写真加工アプリはなかなか見つからないんです!

そこで、今回は人気のカメラアプリ『VSCO』を使って青色の写真を作る方法をご紹介いたします♡

VSCOで青色の写真を撮る方法

まずはVSCOの写真撮影画面で、『WB』と書いてあるホワイトバランスの調整ボタンを選択します。

このWBスライダーを左端までに動かすだけで、写真が青色になりました!

これで、画面下部の丸(シャッター)を押せば青色の写真が撮影できます♪

フィルターをかけて青色を調整しよう

1IMG_4704

撮った写真にフィルターをかけて好みの青色を再現しましょう。

明るい青色になる『C1』、色に濃淡がでる『P5』、淡い色味になる『T1』などは、青色の写真と相性が良いのでおすすめです♪

その他、『明度』、『彩度』、『色温度』、『粒子』など調整してみるのも雰囲気が変わるのでおもしろいですよ♡

カメラロール内の写真を青く加工する方法

すでに撮影済みの写真のホワイトバランスを調整することができませんが、カラーの調整で青色の写真を作ることができます♡

こちらの写真を使ってご説明していきますね♪

VSCOに写真を取り込む

まずはアプリ内の写真一覧を表示して、右上の『+』ボタンからカメラロールの写真をアプリ内に取り込みます♪

写真を取り込んだら、下部のアジャスターマークを押して調整画面に移りましょう。

フィルターを選択する

フィルターは『P5』を選択しましょう。これだけで少し青みがかった画になりますが、さらに青みを強くしていきます。

シャドウティント、ハイライトティントを調整する

次に、アジャスターマーク内の項目を順番に調整していきましょう♪

『シャドウティント』『ハイライトティント』を調整します。青色のボタンを押して、白丸を右端の『+12.0』までスライドさせます

これでかなり青っぽい写真になりましたね!

色温度を調整する

IMG_4743

更に、『色温度』を調整します。白丸を左端の『-6.0』まで移動させましょう

彩度を調整する

もっと青い写真が良ければ、『彩度』を最大の『+6.0』まで上げてみましょう!

綺麗な青色の写真が完成しました♡

どちらを調整すれば青くなるかは、写真により異なりますが『ハイライト』か『シャドウ』を調整すると更に青くすることも出来ますよ。

青い写真に加工すると、かなりスタイリッシュな印象になりますよね!

ギャラリーに青い写真を並べるのも統一感が出ておすすめです。ぜひ試してみてください♡

【VSCOに関する他の記事も読む】

白を際立たせる加工には写真アプリ「VSCO」の“N1”フィルターが便利!
フィルム写真を「VSCO」で加工して自分の色に。フィルムに魅せられたインスタグラマーの“フィルム写真への愛や想い”

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

関連記事