isuta

ガジェットApple Watch Series 3はAirPodsと直接ペアリングできる♩ さらに他の音楽プレイヤーも操作可能に。
isuta GIRL

Apple Watch Series 3はAirPodsと直接ペアリングできる♩ さらに他の音楽プレイヤーも操作可能に。

ガジェット

2017/10/01
iphonegirlisuta編集部(スマホ)


この記事のINDEX

9月22日にiPhone 8/8 Plusと共に発売されたApple Watch Series 3

初のApple Watch単体でLTE通信ができ、iPhoneがそばになくてもiPhoneのように使えるのが特徴ですが、音楽好きに嬉しい、新しい使い方も出来ますよ♩

AirPodsと直接ペアリングできる

Series 2までは、iPhoneとAirPodsをペアリングさせることしか出来ませんでしたが、Series 3からはApple WatchとAirPodsが直接ペアリングできるように。

  • ①AirPodsの充電ケースを開く。
  • ②Apple WatchsでAirPlay選択画面に移動する。

Apple WatchでAirPlay選択画面に移動するには、音楽プレイヤーの左下にあるメニュをタップするか、Apple Watchの画面をぐっと押し込めば(3D Touch)大丈夫。

ちなみに①で充電ケースからイヤホン本体を取り出すとiPhoneと接続してしまうので、ケースからは取り出さないようにします。

  • ③AirPodsを選択する。

すると選択可能なAirPodsが表示されるので、選択します。これでApple WatchとAirPodsのペアリングが完了。

ちなみにiPhoneと接続する時は、選択肢に「スピーカー」も追加されます。

こうしてApple Watchと直接ペアリングしておくことで、iPhoneのBluetooth機能を切るタイミングがあっても、途切れさせることなく音楽を聴くことができますね♡

ただ注意してほしいのは、音楽の再生・停止や、音量調節などは、当たり前ですがiPhoneではなくApple Watchでしか操作できなくなります

他の音楽プレイヤーも操作できるように

Series 2までは、Apple Watchで操作できるのは、Apple Musicで聴いている場合のみだったのですが、Series 3ではiPhone上で聴いている音楽であれば、再生・停止、音量調節が出来るようになりました!

Apple Music以外で聴くことがよくあるので、個人的にこのアップデートが嬉しい♩

【関連記事】

Apple Watch Series 3 ゴールド開封レビュー! Series 1との違いは?
Apple Watchで使うApple Payはどう? イベント前にリアルな使用感をチェック☆
「ファッション性が高いから」わたしたちがApple Watchを使う理由

関連記事