isuta

ガジェットiPadとMacの2台持ちにおすすめ!“ホンモノ”拡張ディスプレイに期待が高まる『Luna Display』

iPadとMacの2台持ちにおすすめ!“ホンモノ”拡張ディスプレイに期待が高まる『Luna Display』

ガジェット

2017/08/27
mikishiroみきしろ


この記事のINDEX

画像元:Astro HQ

現在、MacBookシリーズとiPadの両方を使っているユーザーから熱い視線を浴びているガジェット。

それが今回ご紹介する『Luna Display』です!

画像元:Astro HQ

ハードウェアを使うことで、iPadをMacの“ホンモノ”の無線セカンドディスプレイにできるLuna Display。

クラウドファンディングのKickstarterにてキャンペーン中ですが、3万ドルの目標に対してすでに22万ドル以上を集めている超注目アイテムですよ♪

iPadをMacの“ホンモノ”無線セカンドディスプレイに

画像元:Astro HQ

このヌルヌルと動くGIFアニメからわかるのは、ソフトウェアのみでセカンドディスプレイ化するのに比べてかなり快適そうだということ。

動きの滑らかさといい、解像度の差異への対応といい、まさに“ホンモノ”のセカンドディスプレイです。

画像元:Astro HQ

Luna Displayの最大の特徴は、ハードウェアを使ってiPadを拡張ディスプレイにしている点。

Mini DisplayポートまたはUSB-Cポートにドングルを差し込み、ハードウェア的に対応しているんですね。

画像元:Astro HQ

画面があまり大きくないMacBookやMacBook Proに並べて広い画面として使うのも良いですが。

個人的には、ソファやベッドでゴロゴロしながらも、iPadの上で実際はMacを動かせるという点が気に入りました(^_^)

iPadの特性をMacで使えるというハイブリッド感がステキ♪

画像元:Astro HQ

また、他にも注目すべき点として、iPadをMacのディスプレイとして使いながらも、同時にiPadの特性を活かせるという特徴があります。

表示されているのはMac側で走っているアプリなわけですが、そのコントロールにはタッチ操作が使えます。

画像元:Astro HQ

さらに、iPad ProならばApple Pencilにも対応

Macでお絵描き系のアプリを使いたい方にとっては、ものすごく便利そうな機能ですね(^_^)

この、iPadでありながらMacを使えるというハイブリッド感は、ハードウェア的に接続するLuna Displayならではでしょう。

画像元:Astro HQ

GPUをサポートすることで、CPUへの負担が少ないという点も◎

Retinaディスプレイにも対応しているようで、まさに現在のMacBookシリーズとiPadのためのガジェットと呼べるでしょう。

画像元:Astro HQ

対応機種は2012年以降のMacおよびiPad2以降のiPad全シリーズとのこと。

気になるお値段は59ドル(日本への送料別途15ドル)と、意外とリーズナブルです。

キャンペーンの期間は10月20日までですが、購入枠には限りがあるので気になる方は早めにチェックしましょう!

Luna Display / Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/767721702/luna-display

【関連記事】

iPad感覚で使えて便利かも。ノートPCやMacBook Airをタッチパネル化する『AirBar』が気になる!
iPad Proがサブディスプレイになる!2つの画面で作業がスムーズになるアプリ『Duet Display』

関連記事